ブログ内検索:
2017/06/20

幸せとは、何でしょう

         

ついに今週末の24日は、

杉並公会堂で、

今年に入って始めた、

合唱団の演奏会です

 

 

 

 

個人的には、

長いブランクの後なのですが、

合唱団が35周年を迎えるので、

今年はバッハの大曲中の大曲、

マタイ受難曲。

 

 

 

 

この半年はドイツ語と、

譜読みと、キリスト教やその時代、

そして、バッハの勉強にずい分、

プライベートの時間を

費やしました

 

 

 

 

先週末はオーケストラと

リハーサルでしたが、

金曜日にもリハを重ねて、

当日はソリストも交えて、

約3時間かけて歌います

 

matthew

 

とにかく、辞書のように

楽譜が厚くて、細かいので、

人生初のリーディンググラス

(要は老眼鏡)も購入👓

 

 

 

裸眼よりも

劇的に見やすくて、

感動です(笑)

 

 

 

 

さて、

このマタイ受難曲を歌うにあたり、

それぞれの章や部分が、

どのような意味を持ち、

どのように歌ったらよいか、

色々知るにつれ、

 

 

 

 

宗教の目的であり、

そして、人の目的は、

たった一つ。

 

 

幸せになること

 

 

に尽きるのだなと

改めてかみしめています。

 

 

 

何をもって幸せか、は

人によって細かい部分では

違いがあると思いますが、

 

 

 

人生に起こるすべての先は

誰もが同じ、

 

幸せになること、

 

なのですね・・・

 

 

 

 

幸せになるためには、

心身ともに満たされる必要が

ありますが、

 

 

 

身体が苦痛でも、心が満足ならば、

心が苦しくて体が満足な状態よりも

幸せ度は圧倒的に高い、つまり、

 

最も大切なのが、心の満足。

 

と言えます。

 

 

 

 

そして、

その心の満足をもたらすものは、

何かというと、

 

 

希望、愛、平和

 

 

 

・・・などさまざまな

要素が出てくると思います。

 

 

 

 

私は最後に卒業した学校が

カソリック系でしたのに、

 

 

 

当時のお勉強が、

まったく身に入っておらず

今回のバッハを通じて、

改めて学び直しました。

 

 

 

 

キリスト教における、

「愛」というものは、

キリストが十字架に

自らかかった、

 

 

 

つまり、

 

究極の愛ゆえに、

人々の痛み、罪をすべて

キリスト一人が引き受け、

人をゆるし、死に至った

(そして、後日、復活)

 

という部分なのですね。

 

 

bible2-620x520

 

 

マタイ受難曲の中には、

最後の晩餐も、そして、

最愛の弟子たちによる

裏切りも、ウソもすべて、

描かれています。

 

 

 

バッハ先生の

天才的な音の運びと構造も

加わって、

 

 

 

この“愛ゆえ”の

キリストの受難の苦しみと

愛の行いが尊過ぎて・・・

 

 

 

いまだに、

イエスの悲しみや落ち込み、

天に召されるシーンなど

心に触れる場面は、

泣きながら歌っています。

(本番では泣いていられませんが!)

 

 

 

そして、

普段、自分のことだけで、

もう精一杯な人の方が

圧倒的に多く、苦しみや

困難に満ちたこの世の中で、

 

 

 

自ら進んで人の心の痛み、

人の罪な行い(ウソ、盗み、殺し等)

を受け止め、それでも

許することができることが、

 

 

 

 

しかも、

 

 

 

自分の命が断たれる

という究極の選択が

できることが、

 

 

 

 

どれだけその人

(キリスト教ではイエス)の

心が鍛えられており、

チベットではトンレン

 

 

 

しかも、

心がしなやかで

強靭であるかをジワジワと

確信させます。

 

 

 

だからイエスは、

神の子であり、ユダヤの

王だったのですが・・・

 

 

 

もちろん、

自分の思いやりややさしさ、

受難だけでは、他人の癒しや

幸せにならないことも

あるでしょう。

 

 

 

それでも。

 

 

 

世界70億人の中の、

たった一人のこころが

それで慰められ、救われ、

希望が持てたのなら、

 

 

 

それが本当の愛で、

幸せに向かう道なのだ、

 

 

 

と思えたことが、

今回の一番の学びで

喜びです。

 

lotus_195108_680

 

 

幸せと愛を求めるより、

自分から、人に

その気持ちを差し出せる

余裕と強さと喜び

 

 

 

その絶対的な存在感に

また今日も練習しながら、

泣いています。

(本番までには泣かないように

ガンバリマス。あと5日ですが…)

 

 

 

やはり、愛は最強ですね。

 

 

 

・・・ということで、

どっぷりマタイに浸かった

週末の独り言から

また仕事に戻ります

 

 

もしお時間がある方は、

過去に書いたマタイ受難曲がらみの

記事はこちらです。

 

2017/05/23 バッハと愛ゆえに、の週末
2017/03/16 倍音をより美しく響かせる方法
2017/03/17  続・倍音をより美しく響かせる方法
2017/03/06 歌うこと、しかも宗教曲。 

 

演奏会情報はこちらです

お時間がある方は、ぜひ

TZYH3848[1]

 

 

 

いよいよ夏至ですね

皆さまステキな一日を!

 

 

 

まだ間に合います

サカダワご参加は22日まで

site-top

site-top

20160825_FirstTuesday_sitetop

top

side_singingbowl-re

2016spa_site_top
new_site_top

 

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます

新着情報

2017.8.1
「2017年8月おすすめのお香」の販売を開始しました
2017.7.23
シンギングボウル講座(ワークショップ)2017年11月開催分までの受付を行っています
2017.7.6
<8/31まで>定期コース初回2,000円オフ The Blessing Tea
2017.7.6
福岡県・大分県を中心とする集中豪雨の影響により、荷物の受付中止や遅延が発生しております。詳しくはヤマト運輸からのご案内(外部サイト)をご確認ください。