ブログ内検索:
2017/02/08

あなたの”生活の宝物”は?

         

先日、この半年ほど、

人とのお付き合いを

最小限に減らし、

 

 

 

自分の時間と

大切なことに集中して

けっこう幸せ、という話を

書きましたが、

手放すと大切なものが手のひらに(立春を前に)

 

 

 

これは暮らしにおいても

同様なことが言えます。

 

 

 

私は今、3人の男の子が

お家におりますので、

雑誌に載るような

絵になるきれいな暮らしは

なかなか日々難しいのですが(笑)

 

 

 

先日、こんな言葉に

出会いました。

 

 

 

「家は生活の宝物が

 詰まっているべきだ。」

“The home should be the treasure chest of living” 

 

 

 

近代建築の巨匠

ル・コルビュジエの言葉です。

 

p6400

 

これは、

ぜいたく品を身の回りに

沢山置いて暮らせ、

と言っているのではなく、

 

 

 

彼のシンプルな

建築の在り方と同様、

 

 

 

自分の身の回りには、

大切だと思えるものだけを

選びとって生きなさい、

 

 

 

というメッセージとして

私は受け取りました。

 

 

 

 

自分の価値観を

あらためて振り返り、

暮らしの中で自分にとって

必要なものを選び取る

 

 

 

人生にとって

とても大切な視点に

気づくための、

やさしい言葉のように

思います。

 

 

 

最小限で

エッセンシャルな(大切な)

存在に囲まれて暮らす

幸せとぜいたく。

 

 

 

あぁ、これも断捨離に

つながりそうな(笑)

 

 

 

さて、

我が家をふと見まわしたところ、

家には宝物とは言いがたい

古いタオルの山が

浴室に溜まっておりました。

 

towel

 

古タオルは雑巾にしたり、

さまざまな活用法があり、

ネットでも紹介されていますが、

家族の人数が多いこともあり、

全部の古タオルを活用するには

ちょっと大変。

 

 

 

 

かといって、

捨てるのももったいなく、

リサイクルや再利用先はないかと

探してみました。

 

 

 

 

そうしましたら、

古タオルがケアやお掃除で

大量に必要な、

とある老人ホームを発見!

 

 

 

電話をして確認しましたら、

我が家の古タオルは、

そこでは宝物に変わることが

わかりました。

 

 

 

私にとっては、

宝物でなくなったものが、

他の方にとっての

お宝になる。

 

 

 

でも、お送りするのに

古タオルばかりでは申し訳なく、

御年始やご挨拶、引き出物で

いただいた新しいタオルも入れて

お送りしました。

 

 

 

バスルームはスッキリ、

私もとても幸せな午後。

 

 

 

そうしましたら、

昨日、このようなお礼状まで

届いて・・・なんだか

皆さんとも、この幸せの

おすそわけがしたくなりました。

 

IMG_3442[1]

 

ていねいに生きる、

選び取って生きることは、

自分を大切にすること。

そして、

ご褒美のように

幸せな気持ちに満たされる。

 

 

 

ル・コルビジュエの言葉は、

きっとモノだけでなく、

その空間を共有する、

家族や友人やスタッフなど、

人にも言えること。

 

 

大切にしたくなる

宝のような人たちと

者たちに囲まれていれば、

その日を上質な一日に

出来ないわけがない・・・

 

 

今日もよい一日を

 

 

top


top

2016spa_site_top
new_site_top
237_177

 

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます

2017/02/03

手放すと大切なものが手のひらに(立春を前に)

         

今週は、

「ずい分ご無沙汰ですし、

ランチでもしながら、

打ち合わせしましょう」

ということで、

 

 

久々にお二人の方と、

火曜日と金曜日に

個々にお食事をしました。

 

 

帰り際に

お支払いをしていたら、

どちらも別々に

お会いしたのですが、

 

 

「ミユキさんって・・・

一緒にいると気持ちいいな。

イヤな感じが全然しない。」

 

 

・・・と、

申し合わせたように

全く同じこと

おっしゃるのです。

 

feb04

 

私は昨年後半から、

思うところがありまして、

自分の体調を考慮し、

忙しい仕事や生活を

最優先にして、

 

 

人とのお付き合いを

最小限にしてきました。

 

 

時間的にも、

それほどゆっくりとランチや

ディナーに出かけられるほど

余裕がなく、

 

 

自分がそこにいる意味を

感じられる場所こそが、

自分がいるべき場所ですから、

 

 

私がいなくても成立する

お付き合いは、今の私は

しなくていいかな、と

思ったためです。

 

 

ご縁をいただいた人との

お付き合いに

「断捨離」という言葉は

使いたくないのですが、

まぁ、でもやはり、

それに近いかもしれません。

 

 

 

そうすると、

面白いことが起こり始めます。

 

 

会いたいなぁと思うと、

いきなりパン屋さんの前で

鉢合わせしたり、

 

スーパーのレジで

前後になったり、

メールが届いたり。

 

 

他の人へのLINEの

メッセージが間違って、

私のところに飛んできたり、

 

一緒に行けたらなぁ~

と思っていたコンサートの

チケットがいきなり

人数分、取れたり。

 

 

そんな感じで、

ご縁のある人とは必然的に

やり取りが始まり、何かと

用事やハプニングが起こって、

お付き合いが続くのです。

 

 

そして、

今週お会いしたお二人は、

全く性格も、年齢も、立場も

違うのですが、実は

同じようなことで

悩んでおられました。

 

 

私から見たら、

(ちょっとうらやましいほど)

完璧な人生を歩まれて

いらっしゃいますが、

 

 

まだ、その方だけの幸せと

すばらしい人生に

ご自分が気づいておられない

そんな印象です。

 

 

それを率直に

お話したら、お二人とも、

前述したように、帰り際、

全く同じコメントをされました。

 

 

でも・・・

私から申し上げれば、

お二人とも、とても素直で、

やさしく、気持ちがよい方で、

 

 

私こそ貴重な時間を

ありがとうございました

自分を生きる、ということを

一緒に考えるご縁を

ありがとうございます

 

 

・・・とお礼を申し上げたい、

そんな味わい深いひと時でした。

 

 

しかも、

デザートで私のお誕生日も

お祝いしてくださる

お気遣いまで

IMG_3424

 

 

 

実は、

昨年からの人付き合いを

必要最低限にする以外に、

 

 

今年に入ってからは、

自分がやりたくないことは、

未練なく手放していこう

と心に決めました。

 

 

そしたら、

 

 

自分にとって、

本当に大切なものや人は

心配しなくても、

ちゃんとつながっている。

それも手のひらに!

 

 

・・・ということを、

この年になって、

本気で気づけました

(遅すぎますよね~笑)

 

 

これから

どうなるかわからない

明日のことを、

心待ちにすることはあっても、

心配しなくていいんだな、

ってホッとしたり。

 

 

 

もし、自分の明日を心配し、

悩んでおられる方には、

 

心配さえしなければ、

人生全く問題がない。

そもそも自分を

心配する必要もない。

 

ということをお伝えしたいです

 

 

神さま、みなさま、仏さま。

本当にありがとう

 

 

 

そして、締めは、

アマナマナからの

お知らせさせてください。

 

 

 

2月からスタートした、

シンギングボウル祭

ですが・・・

 

720

 

スタッフ勝村、

シンギングボウル講師の

高橋真保の二人も、

 

 

シンギングボウルご購入につき

書籍「シンギングボウル入門」を

一冊まるごと無料進呈の

シンギングボウル祭で、

張り切っております祭)

 

sbmatsuri

ぜひ二人の張り切りを

テレパシーで感じた方は、

ぜひこの機会にどうぞ

 

 

 

きっといいことがあると思います

そして、どうぞ心に響く倍音と

ステキな週末を

 

 

top

20160825_FirstTuesday_sitetop
top

2016spa_site_top
new_site_top
237_177

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます

2017/02/02

節分を迎える前に

         

先日のみずがめ座の新月は、

個人的にはとても楽しくも、

怒涛の忙しさで、

shingetsu

 

ブログは途中まで書いたものの、

月は満ち・・・

 

 

昨夜、月末月初の

書類を終わらせたので、

未完成のままだった記事を

仕上げようと再開したら、

 

 

公開ボタンを押す直前に

ブラウザが落ちて、

その記事はどっかに

消えてしまいました

 

 

明後日はすでに

上弦の月ですものね(笑)

宇宙や神々が、その記事は

不要!というサインを

出したのでしょう

 

 

明日は節分、

明後日は立春です。

 

IMG_3361_720

 

茶道をたしなむ友人達が

Facebookやインスタに、

立春の文字が入った

お茶室の掛け軸の画像を

アップしていますが、

 

 

その「立春」の文字を

目にするだけでも、

気持ちがすっきり、

希望に満ちるのは、

本当にすばらしいことです。

 

 

そして、

こうして暦を感じながら、

一歩一歩前に進めることだけでも、

感謝と感動を感じないでは

いられませんね。

 

 

こうして人間として生きて、

毎日、人や出来事に触れて、

喜びや怒り、哀しみや楽しみを

こころで一杯感じて、

 

 

あらゆることを考え、

悩み、悔やみ、ひがみ、

苦悩する私たち。

 

 

きっと沢山の神々は、

私たちのその発展途上にある

感情や振る舞いを、

幼い子どもを見るような、

そんな気持ちで見守って、

くださるのですね。

 

 

毎日、たくさん感じて、

たくさん考えて、眠り、

また目覚めて、動き出す。

 

 

生まれ落ちてから

死ぬまでのそんな一生を

お互いにめいっぱい

楽しんでまいりましょう。

 

 

きっとそれが、

私たちがここにいる理由であり、

楽しみでもあるのでしょう。

 

 

決して、

おいしいものを食べ、

ものに恵まれた生活だけが

幸せで豊かな人生でなく、

むしろ内面の悩みや喜び、

感情にあふれることほど、

 

 

 

その人の一瞬一瞬を

輝かせ、ぜいたくで

ありがたいことはない。

 

 

それをこうして

気づかせてくれる神々や

出来事にも感謝が

あふれてきます

 

 

悩みからたっぷり学び、

悩みから抜け出た感動を味わい、

そんなぜいたくな人生を通じて

自分が成長して行けることに

感謝をわすれないようにしよう。

 

 

そんな気持ちで

いっぱいになった

節分前の今日です。

 

 

シンギングボウル祭

始まりました!

 

 

ステキな一日を

 

 

 

top

20160825_FirstTuesday_sitetop
top

2016spa_site_top
new_site_top
237_177

 

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます

2017/01/15

生きながら、生まれ変わる(2017年最初の満月に)

         

先日12日のかに座の満月は、

もう多くの方が語っているように、

本当に、本当に美しく、

パワフルでした・・・

 

 

 

その日はたまたま

人とのお約束があり、

夜に戻りましたら、

 

 

 

ちょうどアマナマナの

サロンの建物の真上に

満月が輝いていました。

 

fullmoon

 

満月の光を浴びると、

心からありがとうって、

自然に湧いてきます

 

 

今、ここに

こうして、満月を見上げる

幸せをいただき、

 

 

楽しい日々を

生かしていただいて、

ありがとうございます

・・・という言葉が、

ジワッと湧いてきます。

 

 

そして、

いろいろあるけど、

人生なるようになり、

“じぶんを楽しむ”ために

生まれてきたのだなぁ

と心がつぶやきます。

 

 

 

この楽しむは、

決して、お金とか、物とか、

成功とか、ラッキーとか

目先の楽しさだけを

指すのではなく、

 

 

人間としての経験を重ね、

様々なことを学び、

人間としての厚みを

増していく、

気の長い楽しさです。

 

 

そして、

驚くべきことに、

年を取ってもなお、

人間は常に、身も心も

生まれ変わろうとします。

 

 

plant_hands

 

たとえば、人の体は、

血液も、内臓も、骨でさえ、

生まれ変わっているのを

ご存知でしたか?

 

 

人間には、

ホメオスタシスという

機能や内部環境を一定に

保とうとする恒常性の傾向を

持つ一方で、

 

 

新陳代謝のサイクルを

持っています。

 

 

私たちの身体を組織する

細胞の数は、約60兆個。

一日の新陳代謝で、

1兆個もの気の遠くなるほどの

細胞が新しくなる・・・

 

 

健康な人なら、

血液は、約4カ月で、

内臓は、約10カ月で、

骨は、約3年で

 

 

全く新しい細胞に

入れ替わり、私たちの体は、

常に別の肉体に

なっているのです。

 

 

 

 

そして、心も同様です。

 

 

 

どのように生きるのか、

どのような感情と気持ちを

自分の中に保ち続けるか、

によって、

 

 

その人が自分が幸せだ

と感じる時間や対象が

全く変わり、

 

 

世の中の見え方も

あっという間に変わって

しまいます。

 

 

つまり、

自分自身は変わっていない

つもりでも、

 

 

実は、

目に見える老化だけでなく、

心と体は、割と短い期間に

まったく違う自分に

なっているし、

 

 

意識的に違う自分に

生まれ変わることもできる、

とも言えます。

 

 

もし、今、

自分が病んでいたり、

出口が見いだせない

心のトンネルにいたら、

 

 

この驚くべき

人間の自ら生まれ変わる力と

自分自身を信じて、

 

 

少しずつ一歩一歩、

前に進んでいきましょう。

 

 

どの人の人生も、

その日一日ごとの

積み重ねから生まれ、

 

 

 

他人に評価されるものではなく、

楽しむのも、作り出すのも、

あくまで自分自身・・・

 

 

これから新月に

向かい始める月とともに

そのことをもう一度、

確認しておきたい、

そんな気分になりました。

 

earth_fullmoon

 

2017年最初の満月、

すばらしい輝きをありがとう

 

 

今年も一年、自分自身を

生きる年にしたい、

改めてそんな気分に

なりました

 

 

売り切れ・僅少アイテム続出!

sitetop
2016spa_site_top
new_site_top
237_177
20160825_FirstTuesday_sitetop
top

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます

2016/12/16

No War! と言わなくてもよい世界へ

         

この数日、満月のパワーが

有り余っているのか・・・

 

 

 

ツイッターを中心に、

SNSで、シリアのアレッポでの

かなりシリアスな爆撃の状況が

シェアされています

 

 

 

 

「最後のメッセージです」アレッポ市民がTwitterに投稿した別れの言葉

シリア政府軍がアレッポ制圧、民間人82人殺害か「人権が完全にメルトダウン」国連が非難

A member of forces loyal to Syria's President Bashar al-Assad attempts to erect the Syrian national flag inside the Umayyad mosque, in the government-controlled area of Aleppo, during a media tour, Syria December 13, 2016. REUTERS/Omar Sanadiki     TPX IMAGES OF THE DAY

A member of forces loyal to Syria’s President Bashar al-Assad attempts to erect the Syrian national flag inside the Umayyad mosque, in the government-controlled area of Aleppo, during a media tour, Syria December 13, 2016. REUTERS/Omar Sanadiki TPX IMAGES OF THE DAY

 

 

 

ブログに貼り付けるには

切な過ぎるほどつらい、

 

 

傷ついて血だらけの子ども、

家族を失って嘆き悲しむ人々、

爆撃の中、逃げ惑う人々、

負傷して苦痛で顔をゆがめる人・・・

 

 

 

地獄のような状況が

リアルに配信されて、

とても私たちと同じ人間が

あるべき状況とは思えません

 

 

 

石鹸好きな方なら

よくご存じのアレッポの石鹸。

その石鹸が作られている

シリアのアレッポが爆撃により、

壊滅的な被害を受けたようです

 

 

 

 

もちろんある部分だけを

切り取られて、事実を拡大された

可能性もありますが、

 

 

 

同じ地球上でありながら、

苦痛と困難に満ちた人々が

実際にいること、

 

 

 

そして、そこから、

自分が何を知ってどう行動するか

神々に試されていることを知り、

善き道を進みましょう

 

lotus_195108_720

 

そして、

事実に挑発されて、

怒りや、悲しみや、後悔や、

恨みなどのネガティブ感情に

ほだされ、引きずり込まれて

行動してはいけません。

 

 

 

なぜなら、

それらのマイナス感情をもって

物事が平和に、調和に満ちて

解決したことは、

 

 

これまでの歴史上、

一度もないからです。

 

 

 

そして、今なお、私たちが

その事実をもう一度、

学ばなくては行けないから

起こっている事態かもしれません。

 

 

そして、もう一度、

心に信じましょう。

No War

 

 

 

私たちには、

それぞれの役割があり、

自分ができる最善の道を

選びとることが、

 

 

 

次の道すじと、

次に開くべき扉を見つけ、

進化できる唯一の道です。

そして、NoWar!と

言わなくてもよい世界へ・・・

 

 

 

今日も笑顔と感謝の気持ちで。

Have a great day

 

 

 

12/22まで
TCVにも貢献できる
ウインターギフト2016

page-top
singingbowl_sitetop
site-top
2016spa_site_top

new_site_top
237_177
20160825_FirstTuesday_sitetop
top

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます

1 / 3123