ブログ内検索:

my thought/舞い降りた言葉

  • 記事一覧

  • 月別一覧

2017/04/22
人生を人にお願いしない
2017/03/28
癒しの本質は “何もいらない”
2017/02/08
あなたの”生活の宝物”は?
2017/02/03
手放すと大切なものが手のひらに(立春を前に)
2017/02/02
節分を迎える前に
2017/01/15
生きながら、生まれ変わる(2017年最初の満月に)
2016/12/16
No War! と言わなくてもよい世界へ
2016/11/29
射手座の新月に。命の奇跡。
2016/11/07
自分が確信していると何が起こる?
2016/08/10
自分にとっての価値と人生の歩み方
1 / 212
2017/04/22

人生を人にお願いしない

         

以前、このブログで、

癒しの本質は “何もいらない”

new-moon-vedic

というお話を書きました。

 

 

 

 

その時に、もう少し、

踏み込んで書きたかったのですが、

なかなか時間が取れない日が

続いていますので、少しずつでも、

アップすることにしました

 

20170421

 

ときどきお客さまで、

 

きっとこの方は、今、

とても苦しい状況にいらして、

わらをもすがる気持ちで、

 

 

「ナーガ香を焚けば何とかなる」

「ティンシャを鳴らせば、

 きっと状況が良くなる」

 

 

・・・と信じて、

購入してくださったのかな、

と思われる方が

いらっしゃいます。

 

 

そんなとき、

アマナマナを選んで

くださったことや、

困難な最中にもかかわらず、

よきご縁をいただいたことに

心から感謝しています。

 

 

 

 

そして、その方が

アマナマナのグッズで、

気持ちの切り替えや、

思い込みの手放しができ、

次の一歩を気持ちよく

踏み出されていることを

同時に祈ります。

 

 

 

 

これは、

世の中のいかなる

開運グッズ、祈祷、

スピリチュアル・セッション、

ヒーリングにも言える

ことなのですが、

 

 

 

人やモノに、

自分の人生や開運を

お願いしている限りは、

その人の運命は・・・

決して開かない、

 

 

 

 

というのが

私自身がこれまで体験し、

チベットから学び、

お客さまとの接点から

浮き出てきた結論です。

 

 

 

 

開運グッズや

各種のセッションが、

その人のヒントやひらめき、

心の安定に貢献して、

運が向上することは、

大いにあります。

 

 

 

でも、

その人の大切な人生を、

グッズひとつ、

手に入れたからと言って、

 

 

 

お祈りひとつ、

ヒーリングひとつ、

やってもらったからと言って、

 

 

 

 

願いが叶うとか、

思い通り変えられることが、

本当にあるのかどうか。

 

 

 

 

 

チベット仏教でも、

本来、一人ひとりの人間は、

神々と同じ仏性を

内包している、

といわれています。

 

 

 

 

今、困難と闇の中にいたら、

それも自分にとって、

これまでできなかったことが

できるようになるための、

次の大切な成長と

学びの過程だと知り、

 

 

 

 

そのチャンスに感謝して、

もう少し、自分の心の鍛錬を

してみるとよい、

と、高僧には会うたびに

何度も諭されてきました。

 

 

 

 

また、

その人にとって、

期待とは異なる出来事や

一見不幸なことも、

 

 

 

 

見方を変えたり、

後々になって、

違った意味を持つ、

ともおっしゃられて

いました。

 

 

 

 

逆に困難がなければ、

今の自分はいない、

と皆さんは心の中で

分かっておられると

思います。

 

 

 

チベットでは

心を鍛え、力をつけることを、

「クンロン」

と呼びますが、

 

 

 

 

闇や困難を見たからこそ

気づく光や

感じる幸せもあります。

 

 

 

 

自分の幸せを

モノや人に頼り過ぎないこと。

 

 

 

もっと人やモノではなく、

自分を頼りにして、

自分を生きたら、

どんなにラクだろう、

と自戒を込めて思います。

 

 

 

 

ナーガ香やティンシャ、

シンギングボウルが、

その人の幸せや人生を

拓くのではなく、

 

 

 

それらが

自分の心を励まし、

時に支えや癒しになる

じぶん応援団で

あったら・・・

 

 

 

 

自分が闇のトンネルを

抜けたときに、

自分と一緒にトンネルを

駆け抜けた同志として、

頼もしく、うれしく、

幸せな気持ちを

共有できる仲間で

あってほしい。

 

 

 

 

開運グッズに

開運してもらう、

 

というある種の

依存の気持ちを

ここで手放しましょう。

 

 

 

 

開運グッズが

開運するのではなく、

あくまでも

自分が運を開き、

幸せにするのだ、

 

 

それを私たちは、

いつでもできるのだ、

 

 

ということを、

私たちが信じて

もっと自分を

誇りに思えたら、

すばらしいな、と

思いますし、

 

 

 

実は誰でも、

カンタンに理解し、

少しずつそれを可能にする。

そんな気がしています。

 

 

心を込めて。

 

 

 

site-top

top

side_singingbowl-re

2016spa_site_top
new_site_top

20160825_FirstTuesday_sitetop

 

 

 

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます

2017/04/22
人生を人にお願いしない
2017/03/28
癒しの本質は “何もいらない”
2017/02/08
あなたの”生活の宝物”は?
2017/02/03
手放すと大切なものが手のひらに(立春を前に)
2017/02/02
節分を迎える前に
2017/01/15
生きながら、生まれ変わる(2017年最初の満月に)
2016/12/16
No War! と言わなくてもよい世界へ
2016/11/29
射手座の新月に。命の奇跡。
2016/11/07
自分が確信していると何が起こる?
2016/08/10
自分にとっての価値と人生の歩み方
1 / 212
2017/04/22

人生を人にお願いしない

         

以前、このブログで、

癒しの本質は “何もいらない”

new-moon-vedic

というお話を書きました。

 

 

 

 

その時に、もう少し、

踏み込んで書きたかったのですが、

なかなか時間が取れない日が

続いていますので、少しずつでも、

アップすることにしました

 

20170421

 

ときどきお客さまで、

 

きっとこの方は、今、

とても苦しい状況にいらして、

わらをもすがる気持ちで、

 

 

「ナーガ香を焚けば何とかなる」

「ティンシャを鳴らせば、

 きっと状況が良くなる」

 

 

・・・と信じて、

購入してくださったのかな、

と思われる方が

いらっしゃいます。

 

 

そんなとき、

アマナマナを選んで

くださったことや、

困難な最中にもかかわらず、

よきご縁をいただいたことに

心から感謝しています。

 

 

 

 

そして、その方が

アマナマナのグッズで、

気持ちの切り替えや、

思い込みの手放しができ、

次の一歩を気持ちよく

踏み出されていることを

同時に祈ります。

 

 

 

 

これは、

世の中のいかなる

開運グッズ、祈祷、

スピリチュアル・セッション、

ヒーリングにも言える

ことなのですが、

 

 

 

人やモノに、

自分の人生や開運を

お願いしている限りは、

その人の運命は・・・

決して開かない、

 

 

 

 

というのが

私自身がこれまで体験し、

チベットから学び、

お客さまとの接点から

浮き出てきた結論です。

 

 

 

 

開運グッズや

各種のセッションが、

その人のヒントやひらめき、

心の安定に貢献して、

運が向上することは、

大いにあります。

 

 

 

でも、

その人の大切な人生を、

グッズひとつ、

手に入れたからと言って、

 

 

 

お祈りひとつ、

ヒーリングひとつ、

やってもらったからと言って、

 

 

 

 

願いが叶うとか、

思い通り変えられることが、

本当にあるのかどうか。

 

 

 

 

 

チベット仏教でも、

本来、一人ひとりの人間は、

神々と同じ仏性を

内包している、

といわれています。

 

 

 

 

今、困難と闇の中にいたら、

それも自分にとって、

これまでできなかったことが

できるようになるための、

次の大切な成長と

学びの過程だと知り、

 

 

 

 

そのチャンスに感謝して、

もう少し、自分の心の鍛錬を

してみるとよい、

と、高僧には会うたびに

何度も諭されてきました。

 

 

 

 

また、

その人にとって、

期待とは異なる出来事や

一見不幸なことも、

 

 

 

 

見方を変えたり、

後々になって、

違った意味を持つ、

ともおっしゃられて

いました。

 

 

 

 

逆に困難がなければ、

今の自分はいない、

と皆さんは心の中で

分かっておられると

思います。

 

 

 

チベットでは

心を鍛え、力をつけることを、

「クンロン」

と呼びますが、

 

 

 

 

闇や困難を見たからこそ

気づく光や

感じる幸せもあります。

 

 

 

 

自分の幸せを

モノや人に頼り過ぎないこと。

 

 

 

もっと人やモノではなく、

自分を頼りにして、

自分を生きたら、

どんなにラクだろう、

と自戒を込めて思います。

 

 

 

 

ナーガ香やティンシャ、

シンギングボウルが、

その人の幸せや人生を

拓くのではなく、

 

 

 

それらが

自分の心を励まし、

時に支えや癒しになる

じぶん応援団で

あったら・・・

 

 

 

 

自分が闇のトンネルを

抜けたときに、

自分と一緒にトンネルを

駆け抜けた同志として、

頼もしく、うれしく、

幸せな気持ちを

共有できる仲間で

あってほしい。

 

 

 

 

開運グッズに

開運してもらう、

 

というある種の

依存の気持ちを

ここで手放しましょう。

 

 

 

 

開運グッズが

開運するのではなく、

あくまでも

自分が運を開き、

幸せにするのだ、

 

 

それを私たちは、

いつでもできるのだ、

 

 

ということを、

私たちが信じて

もっと自分を

誇りに思えたら、

すばらしいな、と

思いますし、

 

 

 

実は誰でも、

カンタンに理解し、

少しずつそれを可能にする。

そんな気がしています。

 

 

心を込めて。

 

 

 

site-top

top

side_singingbowl-re

2016spa_site_top
new_site_top

20160825_FirstTuesday_sitetop

 

 

 

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます

2017/04/22
人生を人にお願いしない
2017/03/28
癒しの本質は “何もいらない”
2017/02/08
あなたの”生活の宝物”は?
2017/02/03
手放すと大切なものが手のひらに(立春を前に)
2017/02/02
節分を迎える前に
2017/01/15
生きながら、生まれ変わる(2017年最初の満月に)
2016/12/16
No War! と言わなくてもよい世界へ
2016/11/29
射手座の新月に。命の奇跡。
2016/11/07
自分が確信していると何が起こる?
2016/08/10
自分にとっての価値と人生の歩み方
1 / 212
2017/04/22

人生を人にお願いしない

         

以前、このブログで、

癒しの本質は “何もいらない”

new-moon-vedic

というお話を書きました。

 

 

 

 

その時に、もう少し、

踏み込んで書きたかったのですが、

なかなか時間が取れない日が

続いていますので、少しずつでも、

アップすることにしました

 

20170421

 

ときどきお客さまで、

 

きっとこの方は、今、

とても苦しい状況にいらして、

わらをもすがる気持ちで、

 

 

「ナーガ香を焚けば何とかなる」

「ティンシャを鳴らせば、

 きっと状況が良くなる」

 

 

・・・と信じて、

購入してくださったのかな、

と思われる方が

いらっしゃいます。

 

 

そんなとき、

アマナマナを選んで

くださったことや、

困難な最中にもかかわらず、

よきご縁をいただいたことに

心から感謝しています。

 

 

 

 

そして、その方が

アマナマナのグッズで、

気持ちの切り替えや、

思い込みの手放しができ、

次の一歩を気持ちよく

踏み出されていることを

同時に祈ります。

 

 

 

 

これは、

世の中のいかなる

開運グッズ、祈祷、

スピリチュアル・セッション、

ヒーリングにも言える

ことなのですが、

 

 

 

人やモノに、

自分の人生や開運を

お願いしている限りは、

その人の運命は・・・

決して開かない、

 

 

 

 

というのが

私自身がこれまで体験し、

チベットから学び、

お客さまとの接点から

浮き出てきた結論です。

 

 

 

 

開運グッズや

各種のセッションが、

その人のヒントやひらめき、

心の安定に貢献して、

運が向上することは、

大いにあります。

 

 

 

でも、

その人の大切な人生を、

グッズひとつ、

手に入れたからと言って、

 

 

 

お祈りひとつ、

ヒーリングひとつ、

やってもらったからと言って、

 

 

 

 

願いが叶うとか、

思い通り変えられることが、

本当にあるのかどうか。

 

 

 

 

 

チベット仏教でも、

本来、一人ひとりの人間は、

神々と同じ仏性を

内包している、

といわれています。

 

 

 

 

今、困難と闇の中にいたら、

それも自分にとって、

これまでできなかったことが

できるようになるための、

次の大切な成長と

学びの過程だと知り、

 

 

 

 

そのチャンスに感謝して、

もう少し、自分の心の鍛錬を

してみるとよい、

と、高僧には会うたびに

何度も諭されてきました。

 

 

 

 

また、

その人にとって、

期待とは異なる出来事や

一見不幸なことも、

 

 

 

 

見方を変えたり、

後々になって、

違った意味を持つ、

ともおっしゃられて

いました。

 

 

 

 

逆に困難がなければ、

今の自分はいない、

と皆さんは心の中で

分かっておられると

思います。

 

 

 

チベットでは

心を鍛え、力をつけることを、

「クンロン」

と呼びますが、

 

 

 

 

闇や困難を見たからこそ

気づく光や

感じる幸せもあります。

 

 

 

 

自分の幸せを

モノや人に頼り過ぎないこと。

 

 

 

もっと人やモノではなく、

自分を頼りにして、

自分を生きたら、

どんなにラクだろう、

と自戒を込めて思います。

 

 

 

 

ナーガ香やティンシャ、

シンギングボウルが、

その人の幸せや人生を

拓くのではなく、

 

 

 

それらが

自分の心を励まし、

時に支えや癒しになる

じぶん応援団で

あったら・・・

 

 

 

 

自分が闇のトンネルを

抜けたときに、

自分と一緒にトンネルを

駆け抜けた同志として、

頼もしく、うれしく、

幸せな気持ちを

共有できる仲間で

あってほしい。

 

 

 

 

開運グッズに

開運してもらう、

 

というある種の

依存の気持ちを

ここで手放しましょう。

 

 

 

 

開運グッズが

開運するのではなく、

あくまでも

自分が運を開き、

幸せにするのだ、

 

 

それを私たちは、

いつでもできるのだ、

 

 

ということを、

私たちが信じて

もっと自分を

誇りに思えたら、

すばらしいな、と

思いますし、

 

 

 

実は誰でも、

カンタンに理解し、

少しずつそれを可能にする。

そんな気がしています。

 

 

心を込めて。

 

 

 

site-top

top

side_singingbowl-re

2016spa_site_top
new_site_top

20160825_FirstTuesday_sitetop

 

 

 

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます