ブログ内検索:

The Blessing Incense

  • 記事一覧

  • 月別一覧

2017/04/10
真言薬って何ですか?
2017/04/05
新ナーガ香の浄化力♪
2016/11/01
今月の運気は?おすすめのお香は?
2016/09/01
新月と満足と手放しと
2017/04/10

真言薬って何ですか?

         

アマナマナのお香が、

他のお香と圧倒的に違う

特徴のひとつに、

 

 

アムチが徹底的に、

こだわりを貫いていることを

先週ブログでご紹介

しましたが・・・

 

 

新ナーガ香の浄化力♪

5sticks

 

もう一つ、

アマナマナのお香には、

真言薬

という特別な丸薬が

入っているところが、

 

 

 

世界中のお香をみても

大変珍しく、特別な

お香である所以です

 

 

 

チベットには、

チベット医学という、

アーユルヴェーダと

中医学のよいところを

取り入れ、

 

 

 

程よくチベット仏教や

古代ボン教の流れをくむ

伝統的な医学体系が

あるのですが、

 

 

 

そのチベット医学には、

様々なハーブや漢方薬を

配合した丸薬があり、

 

 

 

 

その製法は密教的で、

非常にユニークなのですが、

主に月の運行に合わせた

暦から指定された日に

調製したり、

 

 

 

調製の際には、

法具同様、読経を加えながら

祈りを込めたりと、

それはそれでディープな

エピソードがいっぱいです。

 

 

 

ちなみにこの曼荼羅は、

006-640logo

中央に瑠璃(るり)の光を

放っている薬師如来さまが

描かれていますが、

 

 

 

 

チベットでは「ギューシー」

と呼ばれる「四部医典」の

絵解き版です。

 

 

 

 

健康にかかわる医学書として

まとめた薬師如来さまの経典を

タンカとよばれる

美しい仏画に仕立て上げた

タンカシリーズの1ページ目。

 

 

 

このシリーズには、

美しいハーブがいくつも描かれ、

四部医典には、

チベットにおける健康や

病気のコンセプトに始まり、

 

 

 

 

薬師如来さまと弟子の会話、

治療から製薬についてなど、

チベットにおける医学の

すべてが描かれています。

 

 

 

 

ちなみに・・・

私がチベットを訪れた際に、

ちょうど仕事で激しく

疲労していた時期だったので、

チベット医を訪れましたが、

やはり丸薬を処方されました

 

 

 

これです↓

o0440058711758254389

 

丸薬は、大きさも香りも、

色も味も一つひとつ全部違い、

酸っぱいもの、苦いもの、

ほの甘いものなどいろいろ。

 

 

 

 

中には、朝4時に起きて、

薬師如来のマントラをX回唱え、

温かいお湯に溶かして、

朝のうちに服用といった、

儀式も含めて処方される

丸薬もあり・・・

 

 

 

それはそれは、

興味深い世界です

 

 

 

その中の真言薬は、

ダライラマ法王も自ら、

参加されることもある

チベットでは伝統的な丸薬。

 

 

 

観音菩薩の真言を、

丸薬に10万回唱えて

祈りを込めて、

 

 

 

服用した人に

観音菩薩様のご加護が

あるように調製します。

 

image04

 

私がアマナマナを

スタートさせた当時、

ある高僧が法王さまに

謁見した際にいただいた、

という真言薬を

見せてくださいましたが、

 

 

 

 

赤い丸薬が小さなポーチに

幾つか入っており、

いざというときに心身の

体調のバランスをとるための

大切なお守りのようなものだ、

とおっしゃっていました。

 

 

 

その貴重な真言薬を

アマナマナのお香のために、

高僧の皆さんがわざわざ

手間と時間をかけて

作ってくださっています。

 

p05

 

アマナマナのお香は、

どんなに微量であっても、

焚くことで、その真言薬に

込められたマントラが、

その場を浄化し、

癒してくれる仕組みに

なっています。

 

 

 

 

今となっては、

このようなお香は他では

入手できません。

 

p01

 

 

 

ぜひ、

貴重なこのお香を

大切なご自身のために、

癒しのお仕事のサポートに、

お使いいただけたら、

と思います。

 

 

 

 

今日も、アムチに連絡を取り

新しいお香の状況と

到着予定の連絡を待って

いるところです

 

 

 

 

皆さまにも、

アマナマナのお香、

The Blessing Incenseを通じて、

愛と平和と慈悲にあふれた

ご加護がありますように

 

 

 

真言薬が入ったお香は、
The Blessing Incenseだけ

 

naga2016w

site-top

top

side_singingbowl-re

2016spa_site_top
new_site_top

20160825_FirstTuesday_sitetop

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます

2017/04/10
真言薬って何ですか?
2017/04/05
新ナーガ香の浄化力♪
2016/11/01
今月の運気は?おすすめのお香は?
2016/09/01
新月と満足と手放しと
2017/04/10

真言薬って何ですか?

         

アマナマナのお香が、

他のお香と圧倒的に違う

特徴のひとつに、

 

 

アムチが徹底的に、

こだわりを貫いていることを

先週ブログでご紹介

しましたが・・・

 

 

新ナーガ香の浄化力♪

5sticks

 

もう一つ、

アマナマナのお香には、

真言薬

という特別な丸薬が

入っているところが、

 

 

 

世界中のお香をみても

大変珍しく、特別な

お香である所以です

 

 

 

チベットには、

チベット医学という、

アーユルヴェーダと

中医学のよいところを

取り入れ、

 

 

 

程よくチベット仏教や

古代ボン教の流れをくむ

伝統的な医学体系が

あるのですが、

 

 

 

そのチベット医学には、

様々なハーブや漢方薬を

配合した丸薬があり、

 

 

 

 

その製法は密教的で、

非常にユニークなのですが、

主に月の運行に合わせた

暦から指定された日に

調製したり、

 

 

 

調製の際には、

法具同様、読経を加えながら

祈りを込めたりと、

それはそれでディープな

エピソードがいっぱいです。

 

 

 

ちなみにこの曼荼羅は、

006-640logo

中央に瑠璃(るり)の光を

放っている薬師如来さまが

描かれていますが、

 

 

 

 

チベットでは「ギューシー」

と呼ばれる「四部医典」の

絵解き版です。

 

 

 

 

健康にかかわる医学書として

まとめた薬師如来さまの経典を

タンカとよばれる

美しい仏画に仕立て上げた

タンカシリーズの1ページ目。

 

 

 

このシリーズには、

美しいハーブがいくつも描かれ、

四部医典には、

チベットにおける健康や

病気のコンセプトに始まり、

 

 

 

 

薬師如来さまと弟子の会話、

治療から製薬についてなど、

チベットにおける医学の

すべてが描かれています。

 

 

 

 

ちなみに・・・

私がチベットを訪れた際に、

ちょうど仕事で激しく

疲労していた時期だったので、

チベット医を訪れましたが、

やはり丸薬を処方されました

 

 

 

これです↓

o0440058711758254389

 

丸薬は、大きさも香りも、

色も味も一つひとつ全部違い、

酸っぱいもの、苦いもの、

ほの甘いものなどいろいろ。

 

 

 

 

中には、朝4時に起きて、

薬師如来のマントラをX回唱え、

温かいお湯に溶かして、

朝のうちに服用といった、

儀式も含めて処方される

丸薬もあり・・・

 

 

 

それはそれは、

興味深い世界です

 

 

 

その中の真言薬は、

ダライラマ法王も自ら、

参加されることもある

チベットでは伝統的な丸薬。

 

 

 

観音菩薩の真言を、

丸薬に10万回唱えて

祈りを込めて、

 

 

 

服用した人に

観音菩薩様のご加護が

あるように調製します。

 

image04

 

私がアマナマナを

スタートさせた当時、

ある高僧が法王さまに

謁見した際にいただいた、

という真言薬を

見せてくださいましたが、

 

 

 

 

赤い丸薬が小さなポーチに

幾つか入っており、

いざというときに心身の

体調のバランスをとるための

大切なお守りのようなものだ、

とおっしゃっていました。

 

 

 

その貴重な真言薬を

アマナマナのお香のために、

高僧の皆さんがわざわざ

手間と時間をかけて

作ってくださっています。

 

p05

 

アマナマナのお香は、

どんなに微量であっても、

焚くことで、その真言薬に

込められたマントラが、

その場を浄化し、

癒してくれる仕組みに

なっています。

 

 

 

 

今となっては、

このようなお香は他では

入手できません。

 

p01

 

 

 

ぜひ、

貴重なこのお香を

大切なご自身のために、

癒しのお仕事のサポートに、

お使いいただけたら、

と思います。

 

 

 

 

今日も、アムチに連絡を取り

新しいお香の状況と

到着予定の連絡を待って

いるところです

 

 

 

 

皆さまにも、

アマナマナのお香、

The Blessing Incenseを通じて、

愛と平和と慈悲にあふれた

ご加護がありますように

 

 

 

真言薬が入ったお香は、
The Blessing Incenseだけ

 

naga2016w

site-top

top

side_singingbowl-re

2016spa_site_top
new_site_top

20160825_FirstTuesday_sitetop

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます

2017/04/10
真言薬って何ですか?
2017/04/05
新ナーガ香の浄化力♪
2016/11/01
今月の運気は?おすすめのお香は?
2016/09/01
新月と満足と手放しと
2017/04/10

真言薬って何ですか?

         

アマナマナのお香が、

他のお香と圧倒的に違う

特徴のひとつに、

 

 

アムチが徹底的に、

こだわりを貫いていることを

先週ブログでご紹介

しましたが・・・

 

 

新ナーガ香の浄化力♪

5sticks

 

もう一つ、

アマナマナのお香には、

真言薬

という特別な丸薬が

入っているところが、

 

 

 

世界中のお香をみても

大変珍しく、特別な

お香である所以です

 

 

 

チベットには、

チベット医学という、

アーユルヴェーダと

中医学のよいところを

取り入れ、

 

 

 

程よくチベット仏教や

古代ボン教の流れをくむ

伝統的な医学体系が

あるのですが、

 

 

 

そのチベット医学には、

様々なハーブや漢方薬を

配合した丸薬があり、

 

 

 

 

その製法は密教的で、

非常にユニークなのですが、

主に月の運行に合わせた

暦から指定された日に

調製したり、

 

 

 

調製の際には、

法具同様、読経を加えながら

祈りを込めたりと、

それはそれでディープな

エピソードがいっぱいです。

 

 

 

ちなみにこの曼荼羅は、

006-640logo

中央に瑠璃(るり)の光を

放っている薬師如来さまが

描かれていますが、

 

 

 

 

チベットでは「ギューシー」

と呼ばれる「四部医典」の

絵解き版です。

 

 

 

 

健康にかかわる医学書として

まとめた薬師如来さまの経典を

タンカとよばれる

美しい仏画に仕立て上げた

タンカシリーズの1ページ目。

 

 

 

このシリーズには、

美しいハーブがいくつも描かれ、

四部医典には、

チベットにおける健康や

病気のコンセプトに始まり、

 

 

 

 

薬師如来さまと弟子の会話、

治療から製薬についてなど、

チベットにおける医学の

すべてが描かれています。

 

 

 

 

ちなみに・・・

私がチベットを訪れた際に、

ちょうど仕事で激しく

疲労していた時期だったので、

チベット医を訪れましたが、

やはり丸薬を処方されました

 

 

 

これです↓

o0440058711758254389

 

丸薬は、大きさも香りも、

色も味も一つひとつ全部違い、

酸っぱいもの、苦いもの、

ほの甘いものなどいろいろ。

 

 

 

 

中には、朝4時に起きて、

薬師如来のマントラをX回唱え、

温かいお湯に溶かして、

朝のうちに服用といった、

儀式も含めて処方される

丸薬もあり・・・

 

 

 

それはそれは、

興味深い世界です

 

 

 

その中の真言薬は、

ダライラマ法王も自ら、

参加されることもある

チベットでは伝統的な丸薬。

 

 

 

観音菩薩の真言を、

丸薬に10万回唱えて

祈りを込めて、

 

 

 

服用した人に

観音菩薩様のご加護が

あるように調製します。

 

image04

 

私がアマナマナを

スタートさせた当時、

ある高僧が法王さまに

謁見した際にいただいた、

という真言薬を

見せてくださいましたが、

 

 

 

 

赤い丸薬が小さなポーチに

幾つか入っており、

いざというときに心身の

体調のバランスをとるための

大切なお守りのようなものだ、

とおっしゃっていました。

 

 

 

その貴重な真言薬を

アマナマナのお香のために、

高僧の皆さんがわざわざ

手間と時間をかけて

作ってくださっています。

 

p05

 

アマナマナのお香は、

どんなに微量であっても、

焚くことで、その真言薬に

込められたマントラが、

その場を浄化し、

癒してくれる仕組みに

なっています。

 

 

 

 

今となっては、

このようなお香は他では

入手できません。

 

p01

 

 

 

ぜひ、

貴重なこのお香を

大切なご自身のために、

癒しのお仕事のサポートに、

お使いいただけたら、

と思います。

 

 

 

 

今日も、アムチに連絡を取り

新しいお香の状況と

到着予定の連絡を待って

いるところです

 

 

 

 

皆さまにも、

アマナマナのお香、

The Blessing Incenseを通じて、

愛と平和と慈悲にあふれた

ご加護がありますように

 

 

 

真言薬が入ったお香は、
The Blessing Incenseだけ

 

naga2016w

site-top

top

side_singingbowl-re

2016spa_site_top
new_site_top

20160825_FirstTuesday_sitetop

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます