【2020年版】ヨガ用ティンシャの定番人気おすすめ商品4選!

ヨガのインストラクターの間では常識になりつつある、レッスン前にティンシャを使って空間を浄化すること。

ポーズでも目覚めの合図としても使用するので、せっかくなら気に入ったティンシャを使いたいもの。 最近ではティンシャの種類もあり迷ってしまいますね。ヨガで使うおすすめのティンシャはどう選ぶといいでしょうか。

ヨガ用ティンシャの定番人気おすすめ商品4選

ヨガをする時、ティンシャで空間の浄化は必要

ヨガのスタジオにいくと、すがすがしい気分になることがあります。それは、その空間がきちんと浄化されているから。

ヨガのインストラクターは、その場の空気感をとても重要視しています。スタジオに清潔感があるのはもちろんのこと、その場を流れる空気感の違いで、気持ちのすっきり感、すがすがしさが違ってくるのです。これは一緒の空間でヨガをするヨギーニには必要なことですね。

ヨガにおすすめのティンシャは?

プレミアムティンシャ

 

アマナマナのプレミアムティンシャは、打ち鳴らしたあとの響きの深さや、重厚感があるため、ヨガスタジオや屋外など広い場所などで、音色や響きを伝えることができるのでおすすめ。大人数へ向けてお使いになられる場合でも遠くまでそのティンシャの音色が響きます。プレミアムティンシャには模様がありませんが、表面を機械で削らないため、その音に伸びがあります。

作られる時に高次のマントラが込められているので、ティンシャを鳴らすごとにそのマントラが美しい響きとともにその場を満たすことができるおすすめのティンシャです。

観音菩薩のマントラが込められた、ベーシック・ティンシャ(観音菩薩の真言)は、ティンシャ初めての方におすすめ。

アマナマナベーシックティンシャ真言

オンマニペメフム(Om Mani Pedme Hum)という、チベット文字で描かれ、「蓮の花の宝」という意味があります。そのティンシャを鳴らすごとに、

観音菩薩の慈悲の心が美しい音になってあまねく世に広まると信じられているので、ヨガのスタジオでも優しい音色が広がります。

アマナマナベーシック・ティンシャ真言ロータス

ロータスで癒しをさらにプラスした真言ロータスは、見た目の華やかさから、ヨガインストラクターにも人気です。

アマナマナベーシック・ティンシャ(八吉祥文様)

 

八吉祥(タシタゲ)と呼ばれる、ほら貝、法輪、傘、勝利の旗、蓮華、宝石鉢、二匹の金魚、エンドレスノットの幸せのシンボル8つの柄が描かれているティンシャは、そのシンボルが持つ幸運や生きる力をその音を聴く人にとどけることができると信じられています。

ヨガをしているときに、その音を聞くと幸運を受け取ることができるのはとてもうれしいですね。

ティンシャのおすすめの使い方は?

空気のよどみや邪気を払うためにもティンシャは使われますが、ヨガの最後のポーズ、シャバアーサナの終わりの合図として、「今」、「ここ」へと呼び戻すためにもティンシャは使います。

シャバアーサナは、日本語で「屍(しかばね)」といい、あおむけになって全身を脱力するポーズで、魂が抜けた屍のように、体を動かさないで心を無の状態にして瞑想状態をするように行いますが、そのシャバアーサナの目覚めに最適なのがティンシャの澄み渡り響く音色。

体も心もすっきりしていいヨガの時間と思えるようなティンシャの音色を奏でましょう

◆おすすめの記事◆

ティンシャってどこで売っている?おすすめのティンシャとは