amanamana アマナマナ > メルマガ配信申込・停止

メールお便り登録ページ

読者限定で、チベットの心と癒しの知恵とアマナマナの最新ニュースを毎月数回お届けしています。

メールお便りのお申込み

氏名 必須 姓: 名:
お申込メールアドレス 必須
半角英数字で入力してください
お申込メールアドレス確認用 必須
半角英数字で入力してください

メールフィルタをご利用されている場合は、[amanamana.com]ドメインからのメールを受信できるように設定してください。



メールお便りの停止

停止メールアドレス 必須
半角英数字で入力してください

メールフィルタをご利用されている場合は、[amanamana.com]ドメインからのメールを受信できるように設定してください。

お便りのエピソードや最新情報にたくさんのご感想をいただいています!

「こんにちは、いつもメルマガ楽しく読んでます(^^)

今回の内容、「人に気持ちを乱された時」、ものすごく共感しました!今、世の中全体がどこか怒りを持ってるような気がしていたので。

最近特に、人の影響をモロに受けやすく、買い物に行くのも気合を入れないとしんどかったりします。商品を見ていると、後からやって来た人に(その物を買うわけでもないのに)前に割り込まれたり、イジワルされることが多くてですねぇ…(^_^;)何かそういう波動?を持っているのか、特に女性にされるんですよね。そのたびにイライラしてしまって、もうホントにどうしたらいいんだろう?と困っていたんです。きっと私が美しいから嫉妬してるんだわ!(思うのはタダです(笑))と出来るだけポジティブに考えるようにしていたのですが。

水が足りない、と読んで、ナルホドと思いました。確かに、スーパーで居合わせただけの見も知らない人に、いちいち反応してカッカしてた自分。(火が過剰?)それで余計にそういう人を引き寄せてたのかも。割り込む人自体イライラしてるので、センサーが働くのかな…と。

「水が足りないんだわ」と考えると、必要以上に振り回されずにすむし、何か対策が出来そうな気がします!カッカしたら、お水で火をジュワッと消すイメージをしてみようかなと思いました。

今回のメルマガを読んで何だか気持ちがとても楽になったんです。お会いしたことはないのですが、ミユキさんでも心を乱されることがあるんだと知って、それわかります!と共感しました。私もこれから、うまく対処していけるように思えました。ありがとうございます(^^)

チベットの教え、もっともっと知りたいです。いつもすごく癒されています。これからも楽しみにしています。」 (Y.Mさま(宮崎県)2018.6)

「いつもメール楽しみにしています。

人は何のために生まれてきたのか?の法王さまの言葉にジーンときました。ネガティブな思いにとらわれている真っ最中でした。心の中の平和と幸せに目を向けていこう!と思い直しました。ありがとうございました。」 (S.T.さま(石川県) 2018.4)

「おたより配信、ありがとうございました。なんとも、はっとさせられる高僧の方のお言葉ですね。

「どこであっても、心は常に安らぎと調和で満たし、幸せな気持ちで生きる知恵と信仰があります。」

中々人間関係の大変な職場にいますが、そんななかでもそのように生きられたらどんなによいかと思わせて頂きました。

読んでいるだけで、心が静まるようなお話、自分が求めているものがそこにあるような、仕事の合間に読ませて頂きましたが、心癒されるひと時を得たような気がしました。ありがとうございました。 」 (匿名希望 2018.2)

「素敵なメッセージ有難うございます。一度チベットに行きたいと思っている私です^^」(A.Yさま 女性 2016.4)

「こんにちは。メール、時々読んでます。4月2日のメールがとても素晴らしくて、思わずお返事いたしました。苦手な人、許せない人、許せない出来事を許し、幸せを祈ることができるようになれたら、どんなに素晴らしいでしょう。じ〜んときました。ありがとうございました。」 (S.Tさま 女性 2016.4)

「今回のチベットの話を、自分の腎臓の治療で入院していた病院の病室で読みました。2年前から、仕事のストレスが原因で腎臓疾患になり、精神的にも人間不信に陥っていました。何事に対してもマイナス思考になり、意欲もなくなってきていました。
 自分のことで精一杯だったのですが、病室で病気と闘っている人、それを支える医師や看護師さんの姿を間近で見て、感じるものがありました。
 そこにこのメールが届いたのは何かの縁だったと思います。少し気持ちが吹っ切れました。
 今日退院しました。来週から、仕事に復帰します。前向きにがんぼれそうです。ありがとうございました。」 (T.Cさま 男性 2016.4)

「素敵なお話をありがとうございました。このところ、クリハラさんのメールを読むことが出来ずにおりました。久しぶりに開けてみたら、何と素敵な、でも考えさせられるお話です。自分はどうなのか。おばあさんに、率直に話をされたクリハラさんの行動もすばらしいと思います。ありがとうございました。」 (Mさま 40代 2016.4) 

「いつもお世話になりまして本当にありがとうございます。カメラのお話、涙が出ました。私も心に留めて過ごしていきたいと思います。素晴らしいお話をありがとうございました。」(K.Aさま 女性 40代 2016.4)

「『有り難うございます』と 感謝の気持ちを届けたくて…返信させていただきました。いつも メールをたのしみに拝読させていただいています。今回の内容は 特に ココロに響きました。これからも メール たのしみにしております。」 (Y.Aさま 女性 2016.4)

「いつも心温まるお言葉ありがとうございます。お返事などしてはいけないと想いつつも、つい18年間の中国時代の人々の惨さを想いだし、同時に懐かしいいヨハネパウロ2世の上智大学でのミサに預ったことを昨日のように強烈に想い出させていただきました。
 『野の花を見よ』のキリストの言葉を、現代ティベットの修道僧の皆様が実践されていること、想わず目頭が熱くなり、書かせて頂きました。ありがとうございました。」 (K.A様 男性 60代 2016.4)