シンギングボウルとシンギング・リンの違いとは?

TVでもお笑い芸人さんのご愛用品として紹介されているシンギングボウル。癒しと浄化のツールとして人気が上がってきています。シンギングボウルと形が似ているシンギング・リンと混同してしまう方もいらっしゃるようです。

お客様からもよくお問い合わせをいただくため、シンギングボウルとシンギング・リンの違いについてご説明します。

シンギングボウルとシンギンリンの違い

シンギングボウルとは?

シンギングボウルとは、「シンギング」=歌う、「ボウル」=器のことで、スティックを用いて縁を叩いたりこすったりすることで音を出す器(ボウル)のことです。

別名、チベットシンギングボウル、シンギングボール、ドニパトロともいわれます。

シンギングボウルは、金属でできており、球体を半分にした形のもので小さなものは直径数センチから一般的には直径10センチ前後、大きなものは直径100センチ近いものまであります。

シンギングボウルサイズ比較

機械製のものもありますが、アマナマナでは鍛造(たんぞう)=主に金属をたたく(鍛える)ことによって成型されたシンギングボウルを提供しています。

金属の良さを最大限に引き出しているため、豊かな音や響きが何層も重なり、美しく不思議な音「倍音」を奏でることができます。

倍音とは基本的な音の複数倍になっている振動のことで、心地よさやヒーリング効果があるとされています。

シンギングボウル
シンギングボウルが奏でる音はすべて同じではなく、人と同じように、その一つひとつに個性があり、倍音や音の高さも異なるため、独自の癒しの音を奏でます。

聞いていて心が安らいだり疲れが取れるように感じ癒されるため、浄化やヒーリングサロンなどで多く採用されています。

シンギング・リンとは?

シンギング・リンは、2004年に開発された、新しい音響打楽器で、古くからあるチベット密教の「シンギングボウル」や、日本の仏教音具である「おりん」と「クリスタルボウル」を融合させたもので、バチで叩いたりこすったりして奏でます。

シンギングボウルとよく似ていますが、鋳型で作成し、金属の表面を漆を重ね塗りして、焼き付ける表面加工がされています。

見た目は工芸品のような美しさがあり、一定の音程を奏でることができますので、見た目や一定の音程を好まれる方はシンギング・リンをお選びになるようです。

アマナマナのシンギングボウルとシンギングリンとの違いは?

アマナマナのシンギングボウルとシンギング・リンの違いは、

アマナマナのシンギングボウル(シンギングボール)
・熟練の職人が一つひとつ鍛造(金属をたたく)で手作り
・倍音の伸びや響きを重視するため、表面が手打ちで加工をしていない
・高音質で音の伸びが長く倍音が美しい
・倍音に複雑味があり、ボウル一つひとつに個性がある(形、音色)
・浄化・ヒーリングに使用できる
・値段は単品6,800円〜7万8,000円、セット11万6,000円〜

シンギング・リン
・熟練の職人が一つひとつ鋳造で手作り
・響きと余韻を長く響かせるため、漆を重ね塗りして焼き付け塗装されている
・高音質で音の伸びが長く倍音が美しい
・音程が一定の音響楽器
・浄化・ヒーリングに使用できる
・値段は単品11万円〜37万5,000円、セット38万5,000円〜

それぞれに響く音というものがあります。お好みで音を選んでください。

 

アマナマナのシンギングボウル

アマナマナのシンギングボウルは、浄化、ヒーリング、瞑想用に特化したシンギングボウルを提供しています。
その特徴は、

・専門の熟練職人がその製造技術を活かして製造
・7メタルの金属(一部は儀式的に使用)
・金属の良さを最大限に引き出しているため、響きが豊か
・音の伸びが長く倍音が美しい。
・高音質で音量も響き渡る
・ボウルがひとつひとつ手作り。そのためすべて音程と倍音が異なり、演奏方法によっても奏でる音が変わる

アマナマナのシンギングボウルが奏でる音はすべて同じではありません。人と同じように、その一つひとつに個性があり、倍音や音の高さも異なり独自の癒しの音を奏でます。

人の気持ちや体調はいつも同じというわけではありません。また、あなたや周りの人とも同じというわけでもありません。

ヒーリングや瞑想、浄化に、個性を活かした鍛造ならではの倍音をお求めの方は、ぜひアマナマナのシンギングボウルをお試しください。

アマナマナのおすすめ

浄化・癒し・ヒーリングには
アマナマナ チベット・シンギングボウル

浄化・ヒーリングにはアマナマナのシンギングボウルの購入はこちら≫

◆おすすめの記事◆

音でヒーリングする「シンギングボウル」とは?