チベット高僧とのコラボレーションブランドamanamana(アマナマナ)のプロデュースやチベットの心の知恵や癒しの発信、東京・西麻布のシンギングボウル・サロンにて各種講座等の企画・運営。3男児の母。チベットやアマナマナの情報を綴っています。

2017/06/20

幸せとは、何でしょう

         

ついに今週末の24日は、

杉並公会堂で、

今年に入って始めた、

合唱団の演奏会です

 

 

 

 

個人的には、

長いブランクの後なのですが、

合唱団が35周年を迎えるので、

今年はバッハの大曲中の大曲、

マタイ受難曲。

 

 

 

 

この半年はドイツ語と、

譜読みと、キリスト教やその時代、

そして、バッハの勉強にずい分、

プライベートの時間を

費やしました

 

 

 

 

先週末はオーケストラと

リハーサルでしたが、

金曜日にもリハを重ねて、

当日はソリストも交えて、

約3時間かけて歌います

 

matthew

 

とにかく、辞書のように

楽譜が厚くて、細かいので、

人生初のリーディンググラス

(要は老眼鏡)も購入👓

 

 

 

裸眼よりも

劇的に見やすくて、

感動です(笑)

 

 

 

 

さて、

このマタイ受難曲を歌うにあたり、

それぞれの章や部分が、

どのような意味を持ち、

どのように歌ったらよいか、

色々知るにつれ、

 

 

 

 

宗教の目的であり、

そして、人の目的は、

たった一つ。

 

 

幸せになること

 

 

に尽きるのだなと

改めてかみしめています。

 

 

 

何をもって幸せか、は

人によって細かい部分では

違いがあると思いますが、

 

 

 

人生に起こるすべての先は

誰もが同じ、

 

幸せになること、

 

なのですね・・・

 

 

 

 

幸せになるためには、

心身ともに満たされる必要が

ありますが、

 

 

 

身体が苦痛でも、心が満足ならば、

心が苦しくて体が満足な状態よりも

幸せ度は圧倒的に高い、つまり、

 

最も大切なのが、心の満足。

 

と言えます。

 

 

 

 

そして、

その心の満足をもたらすものは、

何かというと、

 

 

希望、愛、平和

 

 

 

・・・などさまざまな

要素が出てくると思います。

 

 

 

 

私は最後に卒業した学校が

カソリック系でしたのに、

 

 

 

当時のお勉強が、

まったく身に入っておらず

今回のバッハを通じて、

改めて学び直しました。

 

 

 

 

キリスト教における、

「愛」というものは、

キリストが十字架に

自らかかった、

 

 

 

つまり、

 

究極の愛ゆえに、

人々の痛み、罪をすべて

キリスト一人が引き受け、

人をゆるし、死に至った

(そして、後日、復活)

 

という部分なのですね。

 

 

bible2-620x520

 

 

マタイ受難曲の中には、

最後の晩餐も、そして、

最愛の弟子たちによる

裏切りも、ウソもすべて、

描かれています。

 

 

 

バッハ先生の

天才的な音の運びと構造も

加わって、

 

 

 

この“愛ゆえ”の

キリストの受難の苦しみと

愛の行いが尊過ぎて・・・

 

 

 

いまだに、

イエスの悲しみや落ち込み、

天に召されるシーンなど

心に触れる場面は、

泣きながら歌っています。

(本番では泣いていられませんが!)

 

 

 

そして、

普段、自分のことだけで、

もう精一杯な人の方が

圧倒的に多く、苦しみや

困難に満ちたこの世の中で、

 

 

 

自ら進んで人の心の痛み、

人の罪な行い(ウソ、盗み、殺し等)

を受け止め、それでも

許することができることが、

 

 

 

 

しかも、

 

 

 

自分の命が断たれる

という究極の選択が

できることが、

 

 

 

 

どれだけその人

(キリスト教ではイエス)の

心が鍛えられており、

チベットではトンレン

 

 

 

しかも、

心がしなやかで

強靭であるかをジワジワと

確信させます。

 

 

 

だからイエスは、

神の子であり、ユダヤの

王だったのですが・・・

 

 

 

もちろん、

自分の思いやりややさしさ、

受難だけでは、他人の癒しや

幸せにならないことも

あるでしょう。

 

 

 

それでも。

 

 

 

世界70億人の中の、

たった一人のこころが

それで慰められ、救われ、

希望が持てたのなら、

 

 

 

それが本当の愛で、

幸せに向かう道なのだ、

 

 

 

と思えたことが、

今回の一番の学びで

喜びです。

 

lotus_195108_680

 

 

幸せと愛を求めるより、

自分から、人に

その気持ちを差し出せる

余裕と強さと喜び

 

 

 

その絶対的な存在感に

また今日も練習しながら、

泣いています。

(本番までには泣かないように

ガンバリマス。あと5日ですが…)

 

 

 

やはり、愛は最強ですね。

 

 

 

・・・ということで、

どっぷりマタイに浸かった

週末の独り言から

また仕事に戻ります

 

 

もしお時間がある方は、

過去に書いたマタイ受難曲がらみの

記事はこちらです。

 

2017/05/23 バッハと愛ゆえに、の週末
2017/03/16 倍音をより美しく響かせる方法
2017/03/17  続・倍音をより美しく響かせる方法
2017/03/06 歌うこと、しかも宗教曲。 

 

演奏会情報はこちらです

お時間がある方は、ぜひ

TZYH3848[1]

 

 

 

いよいよ夏至ですね

皆さまステキな一日を!

 

 

 

まだ間に合います

サカダワご参加は22日まで

site-top

site-top

20160825_FirstTuesday_sitetop

top

side_singingbowl-re

2016spa_site_top
new_site_top

 

2017/05/23

バッハと愛ゆえに、の週末

         

先週末、スタッフ勝村と、

シンギングボウル講師の高橋が

大阪でのシンギングボウル講座に

出張中、

 

 

 

私は八王子の野猿峠にある、

八王子セミナーハウスで、

今、コーラスメンバーとして

所属している、

 

 

バッハ研究会合唱団の

来月の演奏会前の合宿に

参加しておりました~

 

IMG_4997[1]

 

 

このセミナーハウス、

本館は、こんな逆四角錘で、

不思議な建物なんですが、

昔、ウルトラマンのロケで、

司令塔として登場したという、

そんな過去もあるそうです(笑)

 

 

 

週末は夏のようなお天気で、

もうダイニングルームからの

丹沢方面の眺めも最高✨

 

IMG_5010[1]

 

こんな素晴らしい環境で、

2日間、来月演奏会で披露する、

マタイ受難曲をみっちり

朝から晩まで歌い込みました。

 

bach

 

バッハという作曲家は、

日本の教科書には

「音楽の父」

と書かれています。

 

 

 

ダビンチもそうでしたが、

バッハ先生は自分の作品に、

人知れず、様々なモチーフや

トリック、メッセージを

そっと込めたようで・・・

 

 

 

歌っていても、

え?そこで、なぜその差し音?

そこで、なぜ通奏低音が消える?

そこ、なぜ左右対称の展開?

使徒の固有名詞が、

なぜわざわざ代名詞に?

 

 

 

・・・など、

指揮者のM先生が

練習時に楽譜の解釈も

してくださるのですが、

まだまだ謎があるようで、

ワクワクします。

 

 

 

そこから、

音符の羅列が様々な解釈が

生まれてはストーリーが広がり、

音楽の楽しみが広がるのですね。

バッハ先生、

素晴らしすぎます!

 

Johann_Sebastian_Bach

 

実はバッハが200曲以上書いた

教会カンタータや受難曲は、

初稿の行方が分からなくなり、

後々になってから、

さまざまな楽譜や記録をもとに

校正されたものも多いようで、

マタイ受難曲もその一つです。

 

 

 

内容は、聖書に基づいて、

キリストがゴルゴダの丘を

十字架を担いで登るシーンから始まり、

ユダの裏切り、最後の晩餐、

使徒たちの逃避、そして、

磔ののちの死、などが

物語的に歌われます。

 

 

 

音楽のチカラで、

物語をここまで立体的にする

バッハの技術と才能に

泣けてきそうなほど。

 

Last_Supper_by_Theophanes_the_Cretan

 

個人的には、弟子たちが

この最後の晩餐の準備を

進める箇所が、なんとも

ほのぼのしていて癒されます(笑)

 

 

 

ところで、普段、私は

チベットの高僧から学んだ

様々な言葉やエピソードを

ご紹介していますが、

 

 

 

今回、ヨハネ受難曲を

歌いながら読み込んで

感じたことは、

 

 

 

あらためて、

ダライラマ法王が

著書「幸福論」でも

おっしゃっていたことで、

 

 

 

先ほど本を改めて

開いてみて、その部分を

かみしめています。

 

 

 

それは、

 

 

 

すべての宗教の目的は、

人々に愛や思いやり、

忍耐、寛容さ、謙虚さなどを

培う手伝いをすることであり、

 

それを実行に移すことで、

初めてそれらを得て、

問題解決ができる、

 

 

という部分です。

 

 

 

つまり、心の中にある

温かい感情に従って、

困難の中でも生きなさい、

その救いとなる役割を

担うのが宗教でもある、

ということですね。

 

 

 

それは、どの宗教も

一致している、と、

法王さまは本の中で

おっしゃいます。

 

 

 

バッハは宗教改革者ルターの

影響を強く受けており、

プロテスタント系ですが、

その聖書や音楽の一部が、

ナチス・ドイツによって

間違った解釈で

引用されたことで、

 

 

 

ユダヤ人を大虐殺した

ホロコーストを起こした、

とも言われています。

 

 

 

しかし、

マタイ受難曲には何度も、

「愛ゆえに」
(独:Aus Liebe アウスリーベ)

 

という言葉が登場します。

 

 

 

そして、

仏教にとても近い心と

感情と行いの在り方の

くだりもありまして、

 

 

 

 

その旋律の美しさに、

涙がウルウルと出てきて

しまいそうなほどです。

(はい、讃美歌の目的に

ど真ん中でハマる人です>自分)

 

 

 

そんな愛の音楽がなぜ、

人に苦痛を与え、

悲しみと怒りを増幅する

歴史を生むきっかけとなったのか。

 

 

 

本当に人間の複雑怪奇さ、

闇の深さを感じないでは、

居られません。

 

 

 

でも、

闇が深いから、

光は輝く

のですね。

 

candle

 

そして、人間には、

どちらも欠かせない学びの

存在なのですね。

 

 

 

そんな二つの存在を、

まず私たちが理解して、

受け入れる。

 

 

 

二つの側面を持つ自分も、

深く愛せることで初めて、

人も愛せる。

 

 

 

それこそが、

宗教や、人種や、言葉や、

様々な違いを超えていく、

ひとつのきっかけ・・・

 

forest-night-wallpaper-26

 

バッハ先生の旋律から

そんなことを思った

マタイ受難曲漬けの週末

 

 

 

今週末から、

サカダワです。

金曜日の新月の前に、

自分の心ともっと深く

会話してみたいですね

 

 

今日もステキな一日に

 

 

site-top
new_site_top

top

side_singingbowl-re

2016spa_site_top

20160825_FirstTuesday_sitetop

 

2017/03/06

歌うこと、しかも宗教曲。

         

最近、思うところあって、

今年に入ってから、

大昔にやっていた合唱を

再開しています。

 

 

 

しかも、

合唱とは言っても、

普通のコーラスではなく、

バッハやヘンデルなどの

宗教曲が歌いたくて、

 

 

 

ご近所にいらっしゃる

友人にご紹介いただき、

バッハだけを取り上げる

都内の某合唱団に

入れてもらいました

 

IMG_2262

 

はい、お仕事では

チベットに関わっていても、

いろいろな方面に

興味があります(笑)

 

 

 

この合唱団は、

不定期に某教会に集まり

練習を行っていますが、

今年の発表会曲は、

バッハの中でも大曲中の大曲、

マタイ受難曲です。

 

IMG_2263

 

マタイ受難曲は、

大きく2部に分かれ、

なんと、全曲歌い切ると

約3時間という長さも

さることながら、

 

 

 

いわゆる昔、

オペラなどが登場する

以前の時代に、新約聖書の

マタイの福音書にある

キリストの受難の物語を

合唱と合奏で表現した

宗教曲です。

 

 

 

 

YouTubeで

私が良く参考にしている

マタイ受難曲はこちらです。

 

 

 

 

受難・・・ですから、

まずキリストが捉えられ、

裁判にかけられ、最後、

十字架で息を引き取り、

荼毘に付されるまでが

歌われます。

 

 

 

 

全曲ドイツ語で、

場面によって、あざけり、

怒り、悲しみ、憐れみ、

慰め、祈り、語りかけなど

さまざまなニュアンスで

歌われます。

 

 

 

合唱は、本気で歌うと、

ただでさえ腹筋を酷使しますが、

慣れないドイツ語や内容に

3時間の練習が終わると、

もうぐったり。

 

 

 

お仲間はお歳を召された

かなり高齢の方も多いのですが、

皆さんお元気なんですよね(笑)

 

 

 

 

しかも、プロの声楽家、

ほとんどセミプロの方も

いらっしゃいますが、

皆さんご挨拶をされるときの

声がとっても美しくて、

それだけで癒されます

 

 

 

実は・・・自分でも、

なぜ急に歌いたくなったのか、

なぜ宗教曲がよかったのか、

 

 

 

しかも

元々好きではありましたが、

なぜバッハにしたのか・・・

(大学時代挫折したはずの)

ドイツ語で歌う気になったのか。

 

 

 

 

成り行きに任せたので、

自分でもよくわかりません(笑)!

 

 

 

なんとなく「歌いたい!」

と思ってから、入会して

楽譜を海外から取り寄せ、

歌い始めるまで、

 

 

 

びっくりするほど

スイスイと物事が

進んでいくスピードが

ものすごく速かったです

 

 

 

ご縁というものは、

そういうものなのでしょうね。

本当に何の障害も

ありませんでした

 

 

 

練習ではついていくのに

必死ですが、曲中に出てくる、

フーガと呼ばれる、

 

 

 

バッハ独特の波のような、

こだまのような美しい旋律の

重なりを感じながら歌うのは、

本当に癒され、時々、

集中していると、まるで

瞑想している気分にもなります。

 

 

 

ただ・・・全3時間の

大曲「マタイ受難曲」を

すべて覚えるのは、

あまりにも合唱もドイツ語も

久々過ぎて、かなり時間が

かかっています

まさに受難状態(笑)

 

 

 

でも、普段、

どっぷりなチベットから

少し違う空気を吸うのも

大切だなと思いますし、

違うものから学ぶ、

その新鮮さも楽しく、

 

 

 

さらに、自分の身体で

何か表現できることは

大変な喜びです

 

 

 

チベットのお経も

いい味出ていますし、

その詩的表現もステキですが、

バッハの教会カンタータ、

もう少し続けてみようと

思います

 

 

 

 いよいよ本日3/6まで!
5000円以上で送料無料&ポイント2倍!

200

3月のFTはは7日火曜日です
20160825_FirstTuesday_sitetop
top

2016spa_site_top
new_site_top
237_177

 

新着情報

2022.4.14
期間限定!The Blessing Tea定期初回50%OFF実施中
2022.2.2
【メンテナンスに伴うサービス休止のお知らせ】
サイトのメンテナンスのため、以下の間はアマナマナでのサイトが休止いたします。ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。
2022年2月9日(水)10:00~16:00
※終了時刻はメンテナンスの状況により、多少前後する場合があります。
2022.1.31
シンギングボウル・ヒーリング講座 3月開催分まで受付中です。
2021.11.30
2021年10月26日頃、一般社団法人国際シンギングボウル協会のサーバーに不正アクセスがありました。現在メインテナンス中です。個人情報情報はお預かりしていないため、情報漏洩等の心配はございません。復旧までしばらくお待ちください。
2021.11.24
今年の1位は!? アマナマナ年間人気ランキング2021年を公開しました。
2021.9.15
【完全予約制のお知らせ】
アマナマナ・シンギングボウルサロン&スクールは、当面の間、完全予約制で営業を再開しております。来店のご予約はお問い合わせフォームからご連絡ください。ネットショップは通常通り営業しておりますので、ぜひご利用ください。
2021.4.14
2021/4/14(水)から4/27(火)まで、大阪・阪急うめだ本店7階リビングフロア(コトコトステージ72)でアマナマナがポップアップショップで登場!シンギングボウルやティンシャを実際に手に取ってご覧ください。
2021.4.1
各種決済(NP後払い、代引決済)の手数料、ネコポス送付料金を改定しました。
2021.3.25
2021年4月5日以降のアマナマナへの振込手続きは、行名変更に伴い「PayPay銀行」に代わります。旧行名の振込は、2021年7月2日までは読み替え入金されますが、2021年7月3日以降は「ジャパンネット銀行」でのお振り込みはできなくなります。どうかご了承ください。
2020.12.02
The Blessing Cardの緋(あか)が復活!販売再開しました。
2020.11.17
限定入荷!特別柄の真言ロータスティンシャ
2020.9.3
もう一つの倍音美。シンギングボウル・ロゴ入り黒シリーズ登場。
2020.8.26
マンダラ模様が美しいオリジナルボウルに「黒」が登場!
2020.7.20
初めての方におすすめ!癒しと浄化のお得な新セット登場。
2020.7.17
アマナマナのシンギングボウル購入特典として、書籍「シンギングボウル入門」が800円引きで購入できます。