ブログ内検索:
2017/04/14

四面曼荼羅の楽しみ♡

         

アマナマナには、

四面曼荼羅とよばれる、

ひとつの曼陀羅のなかに、

さらに4つマンダラが

配置されている

マンダラポスター

あるのですが、

 

 

 

先日、その曼荼羅の

渋い金色の額装を

お買い求めいただいた

埼玉県のTさまから、

 

 

 

アマナマナあてに

とてもうれしい感想を

くださいました

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「このたびは

素敵な曼陀羅を

ありがとうございました✨

 

 

届いてから

すぐにリビングに飾り、

毎日眺めて過ごしています。

 

 

気付きや

インスピレーションが

どんどん湧いてきます。

恩恵の素晴らしさに

驚いています

 

 

「どんな困難も、

それは仏があなたの本気を

試しているのです。

人のために尽くしなさい。

それが本当の癒しであり、

慈悲のあり方です。」

 

 

この言葉、

とても素敵ですね✨

私の心にもとても響きました。

 

 

本当に素敵なお店ですね✨

ホームページもみやすくて

どの商品も素敵で、

お店の方の温かさが

伝わってきました

 

 

今後とも、

末永くよろしく

お願いいたします✨」

 

 

・・・Tさま、

私どもこそ、

力が湧いてくるような

ステキなご感想を

ありがとうございます

 

 

 

Tさまがお求めくださった

四面曼荼羅ポスターの原画は、

チベットのラサを訪れた際、

某画商が所有していたもので、

素晴らしい構図と技術に、

かなり粘って譲って

いただきました。

 

 

 

 

現在、チベットの古いタンカは

葛飾北斎の版画同様、

美術館所有のもの以外は、

ほとんど海外に流出した

絵画の一つです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

チベットではタンカと呼ばれ、

丸めて保管ができる仏画で、

この曼荼羅の原型は、

チベット4大宗派の一派、

サキャ派ゴル寺にある

マンダラです。

 

 

 

ところどころに

白ターラ、黄ターラなど、

観世音菩薩が流した

涙から生まれた21の

女神(ターラ菩薩)たちが

画面いっぱいに描かれています。

 

 

 

この四面曼荼羅のポスターを

作った際の原画は、

あるチベット人が、

寺に寄進したものらしく、

寄進者の名前と寺の名前が

加えられています。

 

 

 

 

この微細な曼荼羅の

世界を見入るにつけ、

毎日、小さな発見がある、

にぎやかで楽しい

マンダラですが、

 

 

 

Tさまが、その価値を

毎日に取り入れてくださって、

本当にうれしいです

 

 

 

 

ちなみに、こちら↓は

西チベット曼荼羅・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

そして、こちら↓は、

四面曼荼羅・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

それぞれ構図も

若干の色彩も違いますが、

どちらもチベットの

神々がいっぱい

 

 

 

 

すでに入手してから

10年以上経つ私も

未だに毎日飽きません(笑)

 

 

 

 

サロンには、

西チベット曼荼羅の

複製前の原画も展示して

おります。

 

 

 

実は、曼荼羅や

タンカは魔除けや

開運にもなるので、

チベットでは寺院にも

一般家庭にも一杯

飾られていますよ。

 

 

 

 

なるほど、サロンも

アマナマナも、

こんなにパワフルな

曼荼羅が守ってくださって、

過ごしているから、

 

 

 

素晴らしい

お客さまに恵まれて

いるんだな、と改めて、

感謝の気持ちで

いっぱいです

 

 

 

ぜひ原画もポスターも

ご覧になって

みてくださいね

 

 

アマナマナの曼陀羅ポスター

mandala-01

naga2016w

site-top

top

side_singingbowl-re

2016spa_site_top
new_site_top

20160825_FirstTuesday_sitetop

 

 

 

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます