ブログ内検索:
2017/01/10

チベットで世界的な大雪崩(昨年夏の話)

         

昨日更新した、

古代人のニュースのついでに、

もう一つ(笑)

 

 

実は、こちらの話は、

昨年秋に報道されていたのですが、

ちょうどバタバタしていて、

アップし損ねたニュース。

(もうニュースとは言えないですね💦)

 

 

 

チベットで昨年夏に起こった

世界的な大雪崩の記事も

重ねていれておきます

 

 

 

なんと、

衛星から見ても、

明らかに雪崩とわかる

(ということは、

半端ない規模の)雪崩が

チベット自治区の西部で

起こっていたそう

 

 

ここが雪崩現場↓

nadare

 

衛星写真で見たら、

この規模が・・・半端なく(@_@)

 

image-imageformat-fullwidth-547080632

 

えーっと、もっと詳しく・・・

IDL TIFF file

 

日本の記事によると、

一瞬にして、チベット人と思しき、

遊牧民9人と羊350匹、

そして、高山にしかいない、

ヤク110頭が雪にのまれたとか・・・

 

 

原因は、今のところ、

毎年上がっている気温で

雪がスピーディーに

融解しているため。

 

 

温暖化の影響が、

ここにも出ているのですね・・・

 

 

日々の暮らしから

より視野を広げていくと、

地球が抱えている

今の姿が見えてきて

 

 

ほんの少しの

私たちの日々の習慣が

地球に関わっていることが

分かってきます

 

 

今日もエネルギーの

ムダ遣いが少し減らそう、

そんな気持ちになりますね

 

 

 

参考記事:

羊350匹とヤク110頭を一瞬で飲み込んだ世界最大級の雪崩 衛星は見ていた!
ETH Zurich (2016, September 30) Twin glacier collapse in Tibet. Accessed October 19, 2016.
Nature (2016, August 23) Giant, deadly ice slide baffles researchers. Accessed October 19, 2016.
NASA Earth Observatory (2016, September 7) Massive and Mysterious Ice Avalanche in Tibet. Accessed October 19, 2016.

 

sitetop
2016spa_site_top
new_site_top
237_177
20160825_FirstTuesday_sitetop
top

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます

2017/01/09

チベット高原で古代人が温泉に!

         

img_5234

 

すでに、多くの方が

ご存知だと思いますが、

チベット人が広く分布している

チベット高原は、

 

 

標高がかなり高く、

富士山山頂より高い

4,000mを超える峠も

しばしば登場します

 

 

こちらの峠の写真は、

2008年にチベット高原を

訪れたときの一コマ。

5000m近い海抜でした

dsc_0291_620

 

そのチベット高原で、

最近、びっくりするような

発見があったようです。

 

 

 

なんと

このチベット高原の

かつて温泉が湧き出ていた場所に、

想定7400年前の古代人の

足跡が残っていた!

 

 

・・・というニュースです

 

 

最初日本語で、

ニュースを読んだのですが、

裏付けがほしくて、

海外サイトもめぐりましたら、

 

 

記事によっては、

12,600年前にもさかのぼる

可能性もある

とも書かれており、

なんとも想像を掻き立てられます

 

content-1483722972-footprints

 

12,600年前といえば、

まだ農耕文化が始まる前。

狩猟採集をしていた

とされる時代です。

 

 

 

そんな時代から、

海抜が高く、空気も薄い地域で、

人々が温泉に入り、

生活をしていた

・・・かも?な発見

 

 

 

地球の歴史や

私たちのご先祖など、

世界は私たちが

知らないことばかりですね~

 

 

新ためて、

謙虚な気持ちになりました

 

 

参考記事:
標高4000m超のチベット高原で見つかった足跡「7400年前の古代人だった!」
These 7,400-Year-Old “Mythical Beast” Footprints Have Just Changed The Entire History Of Tibet
Tibetans Lived in Himalayas Year-Round Up to 12,600 Years Ago

 

sitetop
2016spa_site_top
new_site_top
237_177
20160825_FirstTuesday_sitetop
top

 

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます

2016/11/16

放映中:ダライ・ラマ法王14世特別講演会

         

こちらのニュースが

Facebookで拡散希望で

投稿されておりました。

 

 

昨日気づかなかったのですが、

今、まさにオンエア中。

 

nico01

あと30分ですが、

皆さまにもメリットが多いかと思い、

お知らせです

 

 

 

ニコニコ生放送での

無料放映です

 

 

ダライ・ラマ法王14世特別講演会

「グローバル世界における日本・チベット」

11/16(水)1320〜1500

こちらから

464298

 

 

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます

2016/09/06

ぶ、分厚いっ『特集 チベット仏教』

         

シンギングボウルサロンで

ゾクチェンの瞑想講座

担当してくださっている

箱寺先生から、

 

201512_top

 

 

 

昨年末のある日、

 

「上座部仏教専門出版社

サンガさんから、

チベット特集の本が

出版される予定です。

 

チベット仏教全宗派を

網羅した素晴らしい本です。

 

永沢哲さんが監修を

務められているので、

ニンマ派の情報満載に

なると思います。

 

私も少し寄稿させてもらいました。

また追加情報が入ったら

お知らせします。」

 

 

とお聞きしてから

季節が春、夏・・・と

移り変わったところで、

8月末出版!

との吉報を受け取り、

 

 

早速、購入予約をして

首を長くしておりましたら、

先週アマゾンから到着

 

 

これですっ

サンガ・ジャパン

特集 チベット仏教

IMG_0834

 

うれしかったのは、

チベット仏教が現在、

印象としては男性的な

ゲルク派主流の今日この頃、

 

 

 

チベット仏教最古参の

ニンマ派情報がいっぱい

だったことです

 

 

 

アマナマナはなぜか、

高僧も、僧も、尼僧も、

ニンマ派に長くご縁が

ある方が多く、

 

 

 

The Blessing Voiceに

参加している尼僧の多くも、

「私はニンマ派のお経が

一番好きだわ~

「私も~💛」

と公称するほど、

ニンマLOVE

 

 

 

 

私も・・・

寺に入るわけでもなく、

ミシンを踏みながらでも、

遊牧をしながらでも、

 

 

俗世にいながらにして、

ゾクチェンの域に到達することを

可能としているニンマ派に

親しみを覚えています

 

 

 

目次をめくっていくと、

ありました!箱寺先生の

ボン教の記事や

虹の体を得た人の

お話などはもちろん、

IMG_0837

これまで、あまり触れられなかった

トピックにもあえて踏み込んで

書かれておられて、

読み応えがありそうです

(まだ全部読めていません💦)

 

 

 

監修を務められた

永沢哲さんのこの記事も・・・

タイトルの語りかけを

目にするだけでドキドキします

 IMG_0838

 

 

さて、この読み応え

たっぷりな本ではありますが・・・

読み切るには少々、

時間がかかりそうな

 

 

 

だって、奥さま

この「特集 チベット仏教」ったら

こんなに厚いんですもの・・・

 

IMG_0836

 

3㎝はゆうにありますね・・・

寄稿されている方々も、

日本でチベットといえば

・・・な方々ばかりで、

総集編的な

 

 

 

 

しかも、

タイトルはチベット仏教ですが、

中には文学や映画の領域まで

網羅されています

 

 

 

 

秋の夜長に少しずつ

読み切るのが楽しみです

 

 

 

サンガ ジャパン vol.24

特集 チベット仏教

監修 永沢哲

IMG_0834

 

20160825_FirstTuesday_sitetop
201512_top
sitetop
2016spa_site_top
sitetop_237
new_site_top
237_177
top

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます

2016/06/29

法王さまとガガさま💛

         

今日は朝から、

アメリカ・インディアナ州で

法王猊下とガガさまの対談を

伝えるニュースで

ライムラインが賑やかでした

 

ダライ・ラマ14世とレディー・ガガさん 意見交換(NHK)
ガガさんとダライ・ラマ14世が会見、中国ネットユーザーは激怒(Modern Press powered by AFPBB)
Lady Gaga reportedly banned from China after Dalai Lama meeting(The Japan Times)

 

f-gaga-a-20160629-870x616

 

APFによると、

——————————-

中国のネットユーザーは、

「中国人は今、
あなたがビンラディン
(国際テロ組織アルカイダの
元指導者)と握手を
しているように感じている」

「彼女(ガガさん)が
中国のテロリストを
敬愛していることの証拠。
彼女はそもそも
中国のファン、いや
中国人全員を見下している」

という投稿をする一方で、

 

現地紙の

インディアナポリス・スターは
(Indianapolis Star)

全米市長会議での
ダライ・ラマ14世の基調演説は
未来への希望に関する内容で

「思いやりある世界を
実現するために慈悲の心、
人類愛を広める上で
米国が指導的立場の国
となる時がやって来た。

私が生きている間に
実現できると思うが、
今すぐ努力を始めなければ
ならない」

と語った。

——————————-

と伝えています。

 

 

・・・これが本当に

真実だとすると、

たった一つの事実に、

受け止め方の

この格差がスゴいですね

 

 

ただ、このニュース、

一応、元ネタを探して、

確認したかったのですが、

肝心のAP通信での記事が

ポルトガル語しか見つからず

英語での記事が削除されたか、

見当たりませんでした

 

 

なので、

中国のネットユーザーが

本当にそう言っていたのかどうか、

については私はわかりません。

 

 

ただ、ガガさまは、

自分のツイッターでもかなりの数の

今回の対談の投稿を

していますので、

対談と内容そのものは、

本当みたいですね

 

 

 

ちなみに、私が今朝、

この記事の中で、

個人的にツボだったのは、

同じニュース内の

この部分

 

 

——————————-

一方、AFPが中国の

洪磊(Hong Lei)外務省報道官に、

2人の会見は中国当局と

ガガさんの関係を

悪化させないか尋ねたところ、

洪氏はガガさんが

誰かを知らなかった。

——————————-

 

 

・・・そうだったんですね(笑)

いや、Lady Gagaの存在は、

知っておきたかったですね。

 

 

そして、記事は最後に

こう締めくくられていました。

ちょっと悲しくなりましたが、

これが今の世界の現実です

 

——————————-

「それは誰か?」と

質問し返した洪氏は、

 

ダライ・ラマ14世は

「チベット独立政策を
世界に売り込んで
まわっている。

人々が彼の本性を
見抜けるといいのだが」

と語った。

——————————-

(記事は以上)

 

withGAGA
(C)APF/Getty Images for Born This Way Foundation/Kevin Mazur

 

きっと、アマナマナと

ご縁があるみなさまは、

このニュースに触れて、

 

 

受け止めるべき事実から

ご自身が選ぶべき道、

歩むべき道を、

 

 

よき心に従って、

間違いなく進まれ、

どんな考え方が世界を

平和にするか、ご存知だと

信じています

 

 

 

 

ご注文の受付、明日30日で終了

The Blessing Charm2 Vajura

FB720

FB720

 

 

 

 

 

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます

1 / 212