ブログ内検索:
2017/02/20

五大元素、浄化の効用

         

10代の終わりの頃から、

この季節になると、

個人的にどうしても

恋しくなるのが・・・

なぜか温泉とスキー(笑)

 

 

 

 

一時、仕事の都合などで

ブランクがありましたが、

やはり1-2月は、

雪山に出かけないと、

なんとなく、落ち着かず・・・

 

 

 

 

雪山の目が覚めるほど

白く輝く空気に触れ、

大地のエネルギーに満ちた

温泉に身を浸して、

 

 

 

目に見えない

こんがらがったものを

ほどくようなひと時が

無性に恋しくなります。

 

 

 

 

そんなわけで、

先週、先々週と2週連続で

子どもたちの学校が、

週半ばの平日が休校に

なったので、

 

 

 

荷物を車に積んで、

湯沢と野沢温泉村に

関越道をビューんと

走って行ってきました

 

 

 

 

こちらは野沢温泉村の

毛無山山頂から少し降りた

ゲレンデからの眺め。

IMG_3735

 

 

私は学生時代に

初めてネパールを

訪れましたが、

 

 

 

ヒマラヤが一望できる

ナガルコットの丘という

場所があり、

 

 

 

やはり雪を抱いた、

美しいヒマラヤ山々が

朝日に照らされている姿に

息をのんだ記憶があります。

 

nagarkot
Beside The Himalayan Treks & Expedition

 

しかも、

ヒマラヤの山々が何か、

実音では表現しきれない、

不思議な男性コーラスの

ような音で・・・

 

 

 

まるで

歌っているかのような、

そんな音が耳の奥に

響いてくる印象があり、

 

 

 

ヒマラヤの山々が

世界に向けて、

何かものすごいパワーで

メッセージを発している、

 

 

 

その姿にゾクゾク

震えていました。

(あくまでも私の印象です。

幻聴だったのかも…^^)

 

 

 

 

日本の雪山には、

歌っているといった印象を

持ったことはありませんが、

 

 

 

このように美しい

樹氷や冠雪した山々に

自然の圧倒的な美しさに

自分の魂がブルブルと

震えます

IMG_3734

 

 

山の天気は変わりやすいので、

先ほどまで吹雪いていたのに、

突然晴れたり・・・

 

 

IMG_3732

 

こんな山に一日いるだけで、

胸の中のモヤモヤや

ツマラナイ感情は、

スーッといつの間にか

消えてしまいます。

 

 

 

ときどき、

澱のように溜まっていた感情が

自分で意図しない感情や

言葉や涙になって

出ることもありますが、

 

 

 

 

普段の生活の中では、

出し切れなかったものが、

自然の力で離れていった、

そんな気もします

 

 

 

温泉は、

チベットで言う五大元素、

地・水・火・風・空の

すべての元素が

癒しの力となって

湧き上がっている場所。

 

 

 

 

ぜひお入りになる際には、

源泉かけ流しだったり、

そのままのお湯を

楽しめる場所を選んでください

 

 

 

 

 

チベットにも修行場の

近くなどに、温泉や温かい

湧き水が出るところもあり、

聖地とされています。

 

 

 

 

 

ちなみに野沢温泉村の

公営のお風呂はすべて、

塩素を入れたり、

循環させていない

そのまんまの温泉

 

 

 

(とっても熱いですが)

一日の疲れや、

どっと背負っていたものを

お湯が流してくれるかのよう。

 

 

 

もちろん、

スキーや温泉でなくても、

自然に触れる場所は

冬でもたくさんあります。

 

 

 

本来、人間は、

自然とともに生き、

自然と同様に五大元素の

光で構成されていると

チベットでは

考えられています。

 

 

 

ちょっと煮詰まったかな、

ちょっと苦しいな、

ちょっと無理したな、

悲しいな、腹立つなぁ、

悔しい、羨ましい、

妬ましい、淋しい、

 

 

 

人間である限り、

さまざまな感情が、

一刻として立ち止まることは

ありません。

 

 

 

ぜひそんなときは、

マイナス感情を抜きに、

(家電のアースみたいな

かんじですね!)

 

 

 

少しでも自然の中に

足を向けてください。

 

IMG_3736

 

これは、野沢温泉村を出て、

千曲川沿いで見た夕日。

 

 

野沢のお友だちと再会し、

雪山や温泉のすばらしさに

一杯感動して戻りました。

 

 

 

もう、まもなく春。

来週のチベット新年と、

3月の春分を控えて、

自分の心のお掃除を

しっかりしておこうと

思います

 

 

 

(ちなみにナーガ香が、

浄化にはピッタリです。

ぜひお試しを!)

 

top

20160825_FirstTuesday_sitetop
top

2016spa_site_top
new_site_top
237_177

 

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます

2017/01/13

心に染み入るサプライズケーキ🎂

         

実は諸事情あって、

私のお誕生日は、

オフィシャルには、

お正月なのですが・・・

 

 

 

今年もサロンで

一番最初のミーティングに

まいりましたら・・・

 

 

 

ど~~~~ん

bdcake

 

スタッフ勝村(右)が、

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_001

お手製のバースデーケーキで

ホント、びっくりの

タイミングで

 

 

 

お祝いしてくれました~

 

 

 

しかも、想定外なことに、

事の始終をひそかに

動画まで撮られており(笑)

 

 

 

みんなが前日から、

あれこれ準備してくれていた、

と聞きおよび、

 

 

 

年初のミーティングで、

その準備や年間計画の作成、

決算書類の追加作成など、

1月ならではの仕事に

追われまくっていて、

 

 

 

全く気づかなかった

鈍感力炸裂のアタクシと、

実行力満点のスタッフで

心温まるバースデーの

お祝いとなりました

ARFN4332

 

 

お味は、

洋ナシとキャラメルクリームのタルト

 

 

去年の

あのクッキーモンスターに続き、

プロレベルに

美味しかった~

 

IMG_5551

 

これに美味しい飲み物が

加わったら、競合が多い

広尾・西麻布でもいけるかも

 

 

 

勝村、ケーキ事業部を

立ち上げたいときは、

いつでも相談してね😉✨

 

 

 

幸せいっぱい、

スタッフに感謝一杯の

すばらしい2017年の

スタートでした

 

ありがとう

 

 

sitetop
2016spa_site_top
new_site_top
237_177
20160825_FirstTuesday_sitetop
top

 

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます

2017/01/08

今年もよろしくお願いいたします💛

         

遅ればせながら、

やっとチベット暦以外の投稿も

できる時間を確保できました

 

今年もよろしくお願いいたします

 

 

私のお正月は毎年、

ご近所からスタートいたしますが、

今年もやはり一番近い、

高樹町の長谷寺さんへ

初詣にまいりました

 

img_3140

この観音菩薩像は、

正面の入り口入って

すぐ右側のお堂にありますが、

立像の圧倒的な迫力に

感動します

 

 

十一面観世音菩薩像。

しかも、お身体が朱色。

 

 

同じようなスタイルの仏像は、

ミャンマーでは沢山見ましたが、

日本では座像が多いので、

ちょっと新鮮です

 

 

 

そして、

ちょうど参拝した際に、

新年祈祷会が始まりまして、

見事な声明にしばし、

魂が奪われそうでした

 

 

 

お焼香もさせていただき、

子連れでしたので帰ろう

と思いましたら、

 

 

 

お坊さん方が、

参拝客にこのような、

お札を撒いてくださいました。

img_3139

 

ちょうど私の目の前に一枚、

三男の前に一枚ご縁を

いただきました。

 

 

 

どちらも、

ハスの花びらを模した紙片に

両面極楽浄土の絵が

金銀が描かれており、

こちらは縁起物として、

大切に持ち帰ることに

 

 

 

今年のアマナマナは、

昨年に引き続きご用意した

福袋が大変ご好評いただいて

品切れ、品薄のアイテムも

出てまいりました

 

 

 

とりわけ半額のご提供、

しかも、ご祈祷布のカタも

お付けしている

ヒーリング曼荼羅ポスターのセット

 

lb01

先週のメールお便りで、

そのご縁をご紹介したせいか、

沢山のご注文をいただいて

おります。

 

 

 

どのセットにも、

アマナマナにご縁をいただいている、

亡命チベット人尼僧の皆さまに

ご祈祷いただいたプジャビーズを

5点セットにして、もれなく

プレゼント中です

 

dsc00223_680

このビーズは

ターコイズ、ラピスラズリ、

ローズクオーツ、

キャッツアイ、そして、

クリスタルの5つ

 

 

 

紐を通したり、パーツを加えて、

手作りアクセサリーにして

ご活用いただいても

よいですし、

 

 

ポーチに入れたまま、

お守りとしても

ご活用いただけます

 

 

まだの方は、

こちらから福袋など

癒し初めのショッピングを

お楽しみください

 

sitetop
2016spa_site_top
new_site_top
237_177
20160825_FirstTuesday_sitetop
top

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます

2016/12/15

双子座の満月、パワフル!

         

昨日は双子座の満月でした

子どものお稽古ごとの送迎中、

六本木通り沿いで

信号待ちをしていたら、

 

 

満月がクリアに

六本木ヒルズ横に登場していて、

思わずiPhoneでパチリ

 

moon01

スマホって、

なかなか月の撮影が難しいですね~

 

なんだか、

ちょうど青に変わった信号と

満月が双子ちゃんのように

うつってしまいました(笑)

 

 

昨日の満月は、

やはりスーパームーンと

呼ばれていただけあって、

強烈な存在感でした。

 

 

もう畏敬の念しか

湧いてきません

 

moon-sleep-children720

ここまで、

生きて来れたことへの

心からの感謝、喜びと幸せ。

 

 

もし、まだ満月に

伝えきれていないな・・・

と思ったら今すぐ、ぜひ

 

 

チベット暦でも、

これからすばらしい展開が

待っています

 

 

冬至までの一区切り、

そして、一月の第一週の後半は

特に午前中がすばらしい

運気に満たされますよ

 

 

年末年始は早起きを

心がけるとよいかも・・・

 

 

チベット暦はこちらを

参考にしてみてくださいね)

 

 

満月のパワーを

いただきながら・・・の

独り言でした

 

 

 

12/22まで
TCVにも貢献できる
ウインターギフト2016

page-top
singingbowl_sitetop
site-top
2016spa_site_top

new_site_top
237_177
20160825_FirstTuesday_sitetop
top

 

 

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます

2016/10/03

新月のその時、広島の、

         

まだ夏が真っ盛りの頃、

飛行機のマイレージが

この10月に切れることに気づき、

 

 

家族全員の予定を

確認したところ、その時点で

全員の都合が合うのは

9/30から10/1-2の週末だけ。

 

 

あと先も考えず、

とりあえず予約だけは

入れておこうと、

以前から子どもたちと

訪れたかった広島に

国内線の予約を入れました。

 

img_7633

 

後日、その週末は

てんびん座の新月だと

気づいただけでなく、

広島カーブはこの夏、

なんと、25年ぶりの優勝。

 

 

04

 

広島じゅうが感涙した

常昇魂のエネルギーは言わずもがな、

何だかその日程の特別感と

広島とのご縁がぐっと近づき、

もうワクワクが絶頂に(笑)

 

 

 

 

少し前にも書きましたが、

新月に迫った数日前に、

自分の周りの空気が、

すーっと軽くなり、

今までとは全く違うと

感じていましたので、

 

 

 

今回の旅には、

どんな意味があるのか、

出会いがあるのだろうと、

とても客観的に自分を

見られる心境になりました

 

 

 

そんなタイミングの旅は・・・

実におだやかで、スムーズで、

まるでエスカレーターに

乗っているかのよう

 

 

 

実際はドタバタやしまった~💦

・・・もあるのですが、

それが自分の中に

溜まらない感覚と言いますか、

気にならないのですね。

 

 

 

金曜日の羽田からの最終便で、

広島に入り、朝イチで向かった

広島の原爆資料館

 

00

 

 

ちょうど新月を迎える時間に

私は8/6の朝8時過ぎ、

広島の上空600メートルで炸裂した

原子爆弾の熱線に焼かれた

人々の遺品やとろけた瓦、

人の影まで焼き付けられた階段、

苦しいうめき声が聞こえてきそうな

数々の画像と対峙していました。

 

 

 

自分の内側から、怒りでも、

悲しみでもないけれども、

何か強烈な何かが

どこからかこみ上げてきて、

涙や戦慄になって、

耳の穴や体中の毛穴を通して

抜けていきました。

 

01

 

この後に残った自分は、

諦めるわけでもなく、

誰かを責めるわけでもなく、

そして戦うわけでもなく、

 

 

 

展示品があまりに正視できず、

歩くことができなくなった

三男を抱え、

 

 

 

静かに静かに息をしながら、

人間の愚行と愛の在り方について、

こんがらがった情報を

ほどいていました。

 

03

 

話してくださって、ありがとう。

教えてくださって、ありがとう。

受け止めてくださって、ありがとう。

 

 

 

安らかに眠ってください。

過ちは繰り返しませんから。

 

02

 

 

 

 

20160825_FirstTuesday_sitetop
top

2016spa_site_top

new_site_top
237_177

top

 

 

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます

1 / 212