ブログ内検索:
2017/01/15

生きながら、生まれ変わる(2017年最初の満月に)

         

先日12日のかに座の満月は、

もう多くの方が語っているように、

本当に、本当に美しく、

パワフルでした・・・

 

 

 

その日はたまたま

人とのお約束があり、

夜に戻りましたら、

 

 

 

ちょうどアマナマナの

サロンの建物の真上に

満月が輝いていました。

 

fullmoon

 

満月の光を浴びると、

心からありがとうって、

自然に湧いてきます

 

 

今、ここに

こうして、満月を見上げる

幸せをいただき、

 

 

楽しい日々を

生かしていただいて、

ありがとうございます

・・・という言葉が、

ジワッと湧いてきます。

 

 

そして、

いろいろあるけど、

人生なるようになり、

“じぶんを楽しむ”ために

生まれてきたのだなぁ

と心がつぶやきます。

 

 

 

この楽しむは、

決して、お金とか、物とか、

成功とか、ラッキーとか

目先の楽しさだけを

指すのではなく、

 

 

人間としての経験を重ね、

様々なことを学び、

人間としての厚みを

増していく、

気の長い楽しさです。

 

 

そして、

驚くべきことに、

年を取ってもなお、

人間は常に、身も心も

生まれ変わろうとします。

 

 

plant_hands

 

たとえば、人の体は、

血液も、内臓も、骨でさえ、

生まれ変わっているのを

ご存知でしたか?

 

 

人間には、

ホメオスタシスという

機能や内部環境を一定に

保とうとする恒常性の傾向を

持つ一方で、

 

 

新陳代謝のサイクルを

持っています。

 

 

私たちの身体を組織する

細胞の数は、約60兆個。

一日の新陳代謝で、

1兆個もの気の遠くなるほどの

細胞が新しくなる・・・

 

 

健康な人なら、

血液は、約4カ月で、

内臓は、約10カ月で、

骨は、約3年で

 

 

全く新しい細胞に

入れ替わり、私たちの体は、

常に別の肉体に

なっているのです。

 

 

 

 

そして、心も同様です。

 

 

 

どのように生きるのか、

どのような感情と気持ちを

自分の中に保ち続けるか、

によって、

 

 

その人が自分が幸せだ

と感じる時間や対象が

全く変わり、

 

 

世の中の見え方も

あっという間に変わって

しまいます。

 

 

つまり、

自分自身は変わっていない

つもりでも、

 

 

実は、

目に見える老化だけでなく、

心と体は、割と短い期間に

まったく違う自分に

なっているし、

 

 

意識的に違う自分に

生まれ変わることもできる、

とも言えます。

 

 

もし、今、

自分が病んでいたり、

出口が見いだせない

心のトンネルにいたら、

 

 

この驚くべき

人間の自ら生まれ変わる力と

自分自身を信じて、

 

 

少しずつ一歩一歩、

前に進んでいきましょう。

 

 

どの人の人生も、

その日一日ごとの

積み重ねから生まれ、

 

 

 

他人に評価されるものではなく、

楽しむのも、作り出すのも、

あくまで自分自身・・・

 

 

これから新月に

向かい始める月とともに

そのことをもう一度、

確認しておきたい、

そんな気分になりました。

 

earth_fullmoon

 

2017年最初の満月、

すばらしい輝きをありがとう

 

 

今年も一年、自分自身を

生きる年にしたい、

改めてそんな気分に

なりました

 

 

売り切れ・僅少アイテム続出!

sitetop
2016spa_site_top
new_site_top
237_177
20160825_FirstTuesday_sitetop
top

この記事を読んでいる人は他にもこんな記事を読んでいます